「女性は美人だからモテるとは限らない」 現役吉原コンパニオンが説く意中の人を射止めるコツ

TABLO / 2020年10月17日 13時30分

写真

写真はイメージです

「女にモテるにはどうしたらいい?」

男性のモテたいというのと、同じ気持ちで「モテたいの、どうしたらいい?」と貴女が聞くのなら、答えは簡単ですよ。

直ぐにHできる女と思われたらいいんですもの。でも違いますよね、それって。

女性が男性に「モテたいの」という場合は、「だれでもいいから!」じゃなくて「自分が好きになった人にモテたい」ってことですね。

ならば少し努力も必要、なにより自分磨きです。磨くのは「見た目」と「心」、両方大切。心がいくら綺麗でもやっぱり男性の本音は「かわいい人がいい」ですから。

まずは自分のタイプを知ることから、分からなかったら本音を言ってくれる友達を頼りに、服を見立ててもらってたり、アドバイス上手なヘアーサロンを見つけてヘアスタイルも決めて、メイクが下手なら一度化粧品売り場で美容部員さんにしっかり教えてもらってから自身で少しは研究も必要。

余裕があれば睫毛のエクステやネイルもお勧めですが無理のない範囲で。これで見た目は大丈夫。

参考記事:整形しても人気が出るとは限らない! 吉原現役コンパニオンが教える男性の心をつかむテクニック | TABLO

でも、それだけでは中身が空っぽ。何度か会ったら飽きられちゃいますよ。私のお仕事場でも、一概に美人がランカー(人気姫)とは限りません。知的に相手を思いやる優しい気持ちがなにより大切なんです。

かといって相手を思いやるばかりでは、いとも容易く「都合のいい女」扱い、利用されてしまいますから、「大人の女性」としてしっかり言うべき時は言わなくてはいけないかと、あくまでも言葉の裏付けは優しさであるべきかと思いますけれど。

それで嫌われてしまうようなら、相性が悪いかと、頑張ったところで長続きもできないでしょうし、大人同士のパートナーにはなれませんから、そんな人には「さようなら」してしまいましょうね。そして、新たな恋を探しましょう。

あと2つモテるコツを追加するなら、お料理とエッチテクの向上は実に有意義かと。昔から「男の心をつかむなら胃袋をつかみましょう。」と言われますが、今時でしたら「あそこ」も握っていると良いでしょう。外国の男性が一度日本人の女の子と付き合うと「離れられない、忘れられない!」とよく聞きます。これ案外Hの献身的なところが忘れられないからって、まんざら嘘でもなさそうですよ。

でもでも、ここでも尽くしてばかりでは「都合のいい女」になっちゃいます。女性が上、後ろから、お口だけで逝かせてもらいたがる、Hのときいつもそんな調子では女性はちっとも楽しくないですものね。

二人で楽しむべきことだから、自分の好きなこと、してほしいことも恥ずかしがらずに話してあげる方が、男性も安心するのではないでしょうか?「見た目」に、「心」と二拍子揃ったら、そして「お料理」と、「H」を追加して四拍子揃ったら、「無敵のモテ女子」になれるかなと、思ったりするのですが。男と女の仲は難しいですから確約はできませんが、このアドバイスお役に立てたら幸いです。(文◎久世素子 吉原某店勤務中)

あわせて読む:ホテルデート報道のジャニーズJr.と元Berryz工房 「付き合ってない」なら浮気?セフレ? 二人の関係は果たして | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング