ASKAだけじゃない!? 芸能界・薬物汚染ルートの大物売人に接触「事務所とも取引が...」

東京ブレイキングニュース / 2013年9月21日 11時0分

写真

 最近では清水健太郎や岡崎聡子らの「常連」による覚せい剤、脱法ドラッグなどでの騒動により、「やはり芸能界とドラッグは切り離せないのか」と思った方も多いだろう。週刊文春による一連の「シャブ&ASKA」報道も記憶に新しい。

 芸能界の薬物汚染は以前から噂されているが、なかなかその実態は見えてこない。そこで都内で活動する、ある「売人」に接触を試みた。この男は元指定暴力団幹部で現在の肩書きは無職。だが、身に着けているものは誰が見てもいい物ばかりであった。男との間にはある人物を介していて、その紹介者からは「相手のシノギを潰さない様に」との条件を出されている。

 彼は、「芸能界薬物ルート」の一端を担う、"大物売人"だと噂される人物である。六本木に古くからある喫茶店で、簡単なインタビューははじまった。



――取引相手はどんな相手なのか。

「芸能関係者だよ」

――元々のきっかけは。

「俺が所属していた組織とは関係無いんだけど、●●会にXと言う芸能関係に強い人間がいてな、その人間がカタギになるから、代わりに毎月卸してくれ、と頼まれたんだ。もう5~6年になるね」

――毎月どれほどの量をさばいているのか。

「その月によって違うし、扱うものも種類多いから。覚せい剤だけでもキロ単位だよ」

――客は芸能関係だというが、どういうルートで広がるのか。

「事務所関係者がどっぷりというパターンもあるし、大物の所属タレントの代わりに買うってスタッフもいる。詳しくは言えないけど、大手プロダクションの子会社系なんてのは事務所ごとっていう」

――芸能人からの直接注文もあるのか。

「無いとは言えない。家まで配達してやるから彼らは安心している。そういうのはほとんど事務所には内緒。だから、芸能人が薬物に染まるのって、いろんなパターンがあるんだよな。だけど、正直なところ芸能人と直接取り引きするのはリスクが高いんだ。だから、なるべく間に信頼できる人間を挟んだりするのが普通。あいつらは捕まったら『渋谷でイラン人から買った』とか言えないからな。もし芸能人が捕まったらもみ消さない限り、あいつら全部ウタうもんだと思ってるから。誰からいつ買ったとか。直接取引はあいつらもリスクあるけど、俺たちもリスクあるってことなんだよ」

――話題になったASKAはどう思うか。

「あれは完全に周囲が黙認してたパターンだろ。それにしても馬鹿な奴から買ったな、と思うよ」

――やはり芸能界に薬物は蔓延しているのか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング