漫画村が閉鎖するも「漫画塔」として復活か

TABLO / 2018年10月9日 17時0分


 今年初頭よりインターネット界隈や出版界隈を騒がせた、漫画村を中心とした一連の海賊サイト騒動。
 売り出されたばかりの漫画や雑誌から、過去の名作に絶版作品と幅広く網羅している著作物が全て無料で読める状態のサイトということで大きな社会問題に。

 4月にはサイトブロッキング議論にまで波及する形となり、漫画村も自主的とみられる閉鎖が確認された。

 漫画村の閉鎖後には電子書籍の売上が伸びたとする漫画家もいたが、「ブラックジャックによろしく」「海猿」といったヒット作を抱える漫画家・佐藤秀峰先生より、根拠とする売上のデータが漫画村全盛期のものである可能性が指摘されるなど、権利者の反応も様々なものとなっていた。

 そんな漫画村が「漫画塔」としてサイトの操作性やデザイン、そしてストック著作物そのままに復活したとみられ、新たな騒動となっている。
 この「漫画塔」には漫画村でフリー素材化が宣言され話題を集めたキャラクター「らりっくま」の存在も確認されているため、運営主が同じなのではとの憶測が大きい。


「漫画村は合法で正義って完全証明されちゃったもんな」
「結局売り上げは戻らなかったからな 漫画村さんが正しい事が証明されたんだよ」
「漫画無料化の流れには逆らえないんだよ」
「膨大な需要が常に存在しているからプラットフォーム化した奴は勝ち組になれる」
「ヤフートップで拡散はワロタ」
「わざわざyahooで宣伝するとかブロッキングを推進したい人の意向なのかね」
「漫画村無くなっても漫画読まなくなっただけだったわ」
「さすがにまた潰されるだろ、前とまんま同じで草」


 また、当時の漫画村騒動では事実上のサイト管理者らしき人物が今も警察に身柄を拘束されているという情報もあり、こちらの拘束中という人物に関しては「冤罪かトカゲのしっぽやろなぁ」といった声も出されている。

 現在は復活を待ち望んでいたものからだけではなく、興味本位や怒りを持つものからも大きな注目を浴びており、アクセス過多で繋がりにくい状況が続いている。新たに2ラウンド目がスタートとなった海賊サイト「漫画塔」騒動。今回はどのような結末を迎えることになるのだろうか。(文・編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング