「地面師」とは何か――? 積水ハウスを引っかけ55億円をもぎ取った謎の詐欺集団の正体

TABLO / 2018年10月19日 9時46分


 積水ハウスと言えば、現在のハウスメーカーでトップに君臨していると言っても過言ではないだろう。工務店が抱える専属の職人たちにおいても、一流どころが揃っており、逆に言えばそこまでの技術がなければ、積水ハウスの仕事を請けることが出来ない。その積水ハウスが地面師から約55億の巨額詐欺に見舞われ、世間を騒がせることになってしまった。

 そもそも地面師とは何者なのか。簡単に言えば、土地をネタに引っかける詐欺師ということになる。

 ただ詐欺師と言ってもそこらの詐欺師とは訳が違い、地面師の場合、大掛かりなプロジェクトの末に大企業を相手にするケースが圧倒的に多い。だからこそ、やっていることは詐欺なのだが大層に「地面師」と呼ばれているのだろう。

 今回の地面師グループの中には、赤坂のアパグループを去年ひっかけたメンバーも加わっており、地面師として名を馳せたメンバーらが顔を揃えている。


【徹底解説】東京オリンピック開催で再び暗躍か? アパホテルが12億も騙し取られた詐欺『地面師』の実態

【徹底解説】東京オリンピック開催で再び暗躍か? アパホテルが12億も騙し取られた詐欺『地面師』の実態【後編】


 なぜ、そういとも簡単に大手企業が騙されてしまうのか、と誰しも疑問視するところであるが、率直に言ってしまうと、規模にかかわらず地面師がひっかけようと思えばひっかけることが出来てしまうからだ。
 それだけの下調べを行なってから、実行に移すかどうかをまず判断するし、実行すると決めた場合は、後に逮捕される要員が出ることを想定した上で、経費をかけていくので失敗は許されない。

 土地売買に対して仮に疑うことから始めたとしても、一流の地面師グループに取り掛かられてしまったら、気がついた時点で地面師の仕事は終了してしまっていることになるだろう。

 一方で情報の入手から人材まで経費が莫大にかかる為、マスメディアで報じられているよりも地面師グループの利益は下回ることになる。
 とりわけ今回逮捕された容疑者らを見ても分かるように、会社役員やそれなりに財力がある人物らが地面師のメンバーには必要となってくるのだ。

 地面師に騙されない対策としては、優秀な興信所を入れて相手方の動向を洗いつつ、売買契約を進めていくことしか術はないのではないだろうか。

 ただ極論を言えば、一番は土地を抱えないことになってしまうのだが......。
 また地面師の厄介なところは、誰までが地面師でどこからが本当に騙されていたのか、本人らが口を割らない限り見分けがつけれないところだろう。(文◎沖田臥竜)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング