ドラレコ危険映像! 「歩行者が自転車を投げつけてきた!」と正義面する投稿者に「お前が悪い!」と総攻撃

TABLO / 2019年3月21日 10時35分


 東名煽り運転事故の影響から煽り運転に対する厳罰化、そしてドライブレコーダーの普及が進むと、急速に動画サイトに投稿される件数が増えることとなった運転時のトラブル映像。いくつかは投稿動画を元に逮捕騒動にまで発展しているが、今回もドライブレコーダー動画が物議を醸すことに。

関連記事この当て逃げ動画はアウト! 事故発生で警察を呼ぶも目の前で逃げていく加害者ドライバーを探せ!! | TABLO

 撮影された場所や時期は不明のままだが、今回Twitter上に投稿されたツイートは以下の通り。


【ちょ、、、、
見てください(;_;)
これどう思います?
お義父さんの車は
この距離ではブレーキ踏めませんでした。
でもこの方は優先が自転車やと思ってはったかもですが、
キレて自転車を投げつけてキマシタwww
大事故にならなかったからよかったけど、、、
...((((゜゜)))))))カタカタカタカタ】


動画:そうは言うけど、どう見ても車がスピードを下げていない! 歩行者優先でしょ(ツイッターより)


 添えられた動画には、信号機のない横断歩道の上で自転車を押しつつ渡る歩行者の姿があるのだが、ドライブレコーダーを搭載した車両は速度を緩めることなく横断歩道を通過しようとしたため、歩行者が逆上からか驚きからか自転車をドライブレコーダー搭載車両に向け押し出す姿が確認できる。

 言うまでもないが、実際には信号機のない歩道に歩行者がいる場合、停車するのがルールとなっているため様々な意見が寄せられることに。


「歩行者優先に決まってんだろかす」
「止まる気が無いからスピード落としてなかっただけなのに、この距離ではブレーキ踏めないとか意味不明だろ」
「自動車学校やりなおしてこい」
「そもそも止まれない速度で走ってたんだろこれ」
「横断歩道前に人がいるだけで止まらなければいけないこと理解してない」
「止まる人と止まらない人がいるから臨機応変が苦手な俺は毎回まごまごする」
「投げつけたんじゃなくてびっくりして手を離しただけじゃないの」
「本当に知らんやつ多いんだな。国はこれもっと周知しないとヤバイよ」


 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催までに、歩道手前では歩行者に道を譲るという運転マナーを徹底したい思惑もあるようだが、今回の事例を見る限りまだまだ啓蒙活動は必要と言えるのかも知れない。(文◎編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング