ピエール瀧容疑者の周辺で4人の芸能人が取り調べ!? 近々緊急ニュースが流れるのではとの噂

TABLO / 2019年3月25日 12時0分

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者が、コカインを使用した疑いで逮捕された事件で先週金曜日、新展開がありました。音楽を通じて20年来の友人だという48歳の女(職業・通訳業)が、ピエールにコカインを譲り渡していた疑いで逮捕されたのです。

関連記事ピエール瀧容疑者にコカインを譲り渡した20年来の知人女性が逮捕 彼女は闇の売人だったのか

女は取り調べに対し、「知り合いに頼まれたものを渡しただけで中身は知らなかった」などと供述しているようですが、LINEで受け渡しに関する連絡を取り合っていたことが証拠として残っていたので、しらばっくれたところで時すでに遅し、でしょう。

「瀧さんにクスリを卸してた女ですが、通訳業をやっていたそうです。私は存じ上げませんでしたが番組制作会社の知人によると、テレビ東京の番組で通訳をしたり、音楽フェスの出演者のブッキングや交渉、資料などの翻訳業も請け負っていたらしい。夫は電気グルーヴと交流の深い人気DJで、海外イベントの経験も多数。国内でのドラッグ入手ルートはわかりかねますが、渡航歴が多いところを見ると、あちらは緩いこともあって現地調達は難しくはなかったのかなって思います。また、電気グルーヴをよく知る関係者から聞いた話なんですが、瀧さんは離婚の意向があるとかで、今後弁護士を通じて手続きをしていくとのことです。違約金でかなり借金を抱え込むことになりそうなので、奥様やお子さんを思ってのことなのかもしれません。財産分与はもちろん、養育費の確保など、問題は山積みでしょうね」(テレビ局・制作関係者)

 逮捕されたピエール瀧名義の財産を家族が取得できるかは、財産や貯蓄がどの程度あるかによって異なるようですが、財産分与を妻側が請求することは可能なようです。ただ、漏れ伝わる話によれば奥様の方に離婚する気持ちはなく、「これからもずっと支えていきたい」とお話しされているのだそうです。

「捕まらない自信があったのか、パソコンやスマホに取引の証拠を残していたとは、なんとも間抜けなこと。で、瀧は完落ちしてるなんて話も出てますけど、仲間を売るような真似はしないと思うので、とりあえずは証拠が出てきてしまったプッシャー、彼女との関係性については認めざるを得なかったのではないでしょうか。それから瀧の逮捕により、実は水面下で捜査網が拡がっているとかで、すでに何人かの芸能人が事情聴取を受けている、または近々引っ張られるという話を聞いてますよ。
 僕が聞いているのは4名。まず一人は、人気男性アイドルグループのOくん。実は彼、兼ねてから薬物使用の噂が根強くあります。それから瀧とよくつるんでいた俳優兼作家のR、新井浩文の騒動の際に悪目立ちしてツイッターが炎上したM、そして高視聴率ドラマで主役を張ったことのあるアイドルのYです」(音楽イベント関係者)


 単に仲が良いだけで疑われているだけのか、あるいは瀧の薬物使用について何か知っていることがあるのか、そのあたりは定かではありません。しかし、別の関係者からも似通った証言を入手することができました。

「逮捕の1ヶ月前にネットでリークされた情報があって、瀧とRとMとYが銀座の会員制のバーで密会していたというんです。逮捕後にその書き込みがコピペされて業界関係者が知ることとなったんですが、『ああ、その4人ね。なんかよくつるんでるらしいよね』という話があちらこちらから出てきましてね。全員が何かしらの作品の元・共演者で、仲良しなのはわかります。で、役者の飲み会って時間が経てば経つほど、どんどん人が増えていくもんなんですよ、電話で暇なら来ない? と呼び出ししたりして。だけど、この4人はいつも最後まで4人だけで飲んでるんです。聞かれてはまずい話があるのか、内緒話をしているのかわかりませんけどね」(放送作家)。

 捜査をする上で、身辺調査をされるのは致し方ないこと。仲が良いなら尚更、疑惑の目を向けられていてもおかしくはありません。

関連記事ツアー中止の電気グルーヴ 瀧容疑者の交友関係にも怪しい人物が数名いると語る関係者 | TABLO

 それにしても、RとMに関しては多方面から頻繁に名前がよく上がり、良くも悪くもゴシップの裏番長となりつつあります。一体、この二人。どんな人物像なのでしょうか?

「俳優兼作家のRと、最近売れっ子の役者Mは、性質というかやり方がよく似てるんです。どちらも口がうまく、仲間をどんどん増やしていって現在の地位を確立した人、と言い切って問題ないと思います。話がちょっとずれてしまいますけど、例えばどんなに遅くても俳優仲間に電話で呼ばれれば直行、こんな飲み会にも顔だしてるの? ってとこにも普通にいたりする。信頼の売り方が上手で、人付き合いがマメなんですよ。もちろん、今となっては業界で彼らの才能も買われてますし、良い仕事もたくさん回ってきてる。でもここまで来るのには紆余曲折で長い道のりだったと思いますね」(芸能事務所関係者)

 Rに関しては、本当に顔が広いようで、ほとんど騒がれたことはありませんが、「かなりの女優さんを食ってますよ」とのこと。麻布十番、六本木、銀座、この辺りによく出没していると言います。

 Mは小劇場出身の叩き上げで、盛り上げ上手。サラリーマンに置き換えると名物宴会部長や、上司のくだらないギャグでも大げさに笑って気持ちよくさせるといった役回りだそうです。

「人懐っこい犬のように従順な立ち振る舞いが功を奏して、人気俳優とほぼ全員繋がってます。僕はぶっちゃけ、どちらも胡散臭いから大嫌い(笑)」(前出・芸能事務所関係者)

 口が軽い人はどの世界でも嫌われますが、こと芸能界ともなると守秘義務が重んじられる世界。二人の人望は、口の硬さで成り立っているのかもしれません。

 話が少し脱線してしまいましたが、ピエール瀧絡みで捜査線上に二人の名前が上がっているというのは、大変興味深い話。もうしばらく注視するとしましょう!(取材・文◎那目鯛子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング