女が考える理想的なセックス11パターン...女心を知り抜いた人気TL作家が解説

TABLO / 2013年10月18日 0時0分

写真

深志美由紀氏(c)HolaUmehala

 年間制作本数、一万本とも二万本ともいわれるアダルトビデオ。これだけ普及した現在、セックスとは『何をすることなのか、何をすればいいのか』を、アダルトビデオで学んだという男性も多いのではないでしょうか。

 しかし、一般的なアダルトビデオで描かれているのは基本的に『男が興奮し、満足する』ためのもの。女性が満足するソレとはまた別モノです。では『女性が興奮し、満足するセックス』はどこで確認することができるのか。アダルトビデオが男性向けの性的コンテンツ代表だとすれば、女性向けのそれはティーンズラブ(以下TL)でしょう。

 知らない方のために説明すると、TLとは、恋愛ストーリーをベースにしながらも、濃厚なベッドシーンや露骨な性描写が描かれている漫画のカテゴリーの一種。多くの女性にとって馴染みやすい少女漫画的な絵柄で描かれているのが特徴で、昨今は、TL小説も電子書籍を中心に人気を博しています。そして、このTLに描かれているセックスこそが女のツボなんです。

 そこで、官能小説を中心にティーンズラブ・恋愛小説などを多く執筆、7月13日には新刊の『ゆっくり 破って』(イースト・プレス刊)を上梓したばかりの女流作家の深志美由紀氏に、TLにおける鉄板セックステクニックを解説してもらいました。

 

1.瞼にキス

「普段は照れくさくてできない瞼キス。でもTLでは定番です!舌を絡めるだけの直接的なキスだけでなく、頬、瞼、額、こめかみなど、あらゆるところに優しくキスを降らせましょう」

 

2.髪を撫でる

「ベッドでは必ず取り入れていただきたい技です。抱き合いながら、キスしながら、はたまた挿入しながらの髪撫では女をうっとりさせます」

 

3.壁ドン

「定番ですが、壁に腕を付いて追い詰める動作です。逃げられない、奪われる感が女性の「求められる私」欲を刺激します。追い詰めてキスしてから押し倒せば完璧コンボです」

 

4.顎を指でくいっとあげる

「キスするとき指先で女性の顎を引き上げる!キザですがやはり『求められる』感じがして、好きな人にされたらときめきます」

 

5.手首を掴む

「TLではちょっとSっぽい俺様男性が好まれます。ベッドでは手首を縛られて......というのが定番ですが、それでは現実はやりすぎなので、手首を掴むくらいがいいと思います。両手首をひとまとめに、または両手でそれぞれの手首を掴まれてキスすると『逃げられない』感に女はドキドキします」

 

6.首筋にキス

「ありそうで、実際なかなか丁寧にはしないことが多い愛撫。しかしTL、少女漫画では必ず入れなくてはならないといっても過言ではないです。首が性感帯の女性は多いものなので、優しく、顎から首筋を通って鎖骨までのラインにキスされたり舌を這わされたりすると興奮必至です」

 

7.耳を愛撫

「こちらもありそうでなかなか丁寧にされない愛撫です。耳朶を食む、甘噛みするのはTLでは必要最低限なプレイ。まず指先でそっと形を確かめるように外耳を擦り、耳穴は最後まで焦らすのがポイントです。舐めるのも効果的ですが耳穴にベロベロ唾液を垂らすのは嫌われますし、中耳炎になるのでやめましょう」

 

8.服を脱がない

「現実ではなかなか難しいことですが......TL、少女漫画の男性は、行為のぎりぎりまで、または最中も服を脱ぎません。なかなか服を脱がない男性にがっついていない余裕を感じるのです。また、男性はしっかり着込んでいるのに自分だけが脱がされていくという、少しMっぽい羞恥プレイも味わえますし、スーツフェチの女性はワイシャツ姿の男性と抱き合うことに興奮します。とは言え最後まで脱がないわけにはいかないと思うので、せめて、女性を脱がし終えるまでは、自分は着衣のままでいてみましょう。ホテルの部屋に入った途端に、自分だけすっ裸になるような男性は言語道断です」

 

9.着せたまま愛撫

「男性が服を脱がないのと同じように、女性も一気に裸にされるよりは、少しずつ脱がされていくのがTLの定石。それも、愛撫をしながら、ゆっくりと脱がすのがポイントです。女性の多くは、裸になってしまうと見られることに気が散ってしまい、感じるより視線が気になることも多いもの。早く裸を見たい気持ちをぐっと抑えて、ある程度服を着せたまま愛撫して、官能のスイッチを完全に入れてあげてから脱がせると、そのあとの快感も倍増です。またここでも脱衣を急がないことで『がっついてない余裕の男感』が演出できます」

 

10.膣への愛撫はぎりぎりまで我慢

「男たるもの一刻も早くその穴にたどり着きたい気持ちは分かります。けれどTLでは、膣への愛撫は最後の最後。首筋や素肌、足、腰など性器とは関係のない場所から始まって、次は乳房、乳首とクリトリス。その場所以外をたっぷり愛されることが『求められている、大事にされている』と感じさせます。他をろくに愛さずいきなりの膣への愛撫は『私遊ばれてる......?』という不安にもつながります。実際、膣の感度は女性が充分に興奮しているかどうかで天と地ほども違うので、それまでにしっかり彼女の性感を盛り上げて、いよいよという最後の手段にキメましょう」

 

11.挿入しながらキス

「乙女はいつでもキスが好き。挿入にたどり着いたら腰を振ることに集中したい気持ちをぐっと抑えて、優しくキスをしてください。挿入しながらキス、ピストンしながら瞼や額にキス、もちろん最後の絶頂時には抱き合ってキスをしながら! 下だけでなく上の粘膜でつながることで、女は『心から愛されている』という実感を得るものです」

 いかがでしょうか。潮吹きテクの開発や駅弁するための筋トレに比べれば、すべて簡単に誰でも試せるテクニックばかりですよね。

「でも、俺たちはもっと、激しくてエッチなセックスがしたいんだ!」と思うかもしれませんが、ご安心を。アダルトビデオにありがちな激しい手マンやトリッキーな体位が絶対にNGというわけではありません。上にあげたようなテクニックで心も身体も蕩けさせられた後であれば、どんなプレイだって、受け入れてしまうもの。ぜひとも一度試して、彼女の反応を確かめてみてください。

Written by 大泉りか

Photo by HolaUmehala

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング