料理上手も程度によりけり? 男の胃袋をつかみそこねた女たち【ウーマン】

東京ブレイキングニュース / 2013年11月15日 0時0分

写真

「結婚したかったら料理上手になれ!」と、よく言いますよね。男性も料理上手な女性とは結婚のイメージがしやすいもの。

 実際に男の胃袋を掴んでゴールしたという女性が多くいるように、料理上手が結婚委への近道というのはあながちウソではなさそうです。

 しかし、勘違いの料理上手は逆効果だし、味覚ってけっこう相性があるのです。彼のためにお料理を頑張ったのに、結婚を逃してしまった女性たちの悲劇をリサーチしてみました。

結婚できる料理上手と結婚できない料理上手の違いとは

●その1:"おもてなし"しすぎは禁物

「彼フレンチ、イタリアンなどが好きで、デート時の外食もオシャレなお店ばかり。『グルメな彼の胃袋を掴むしかない!』と、料理教室でセレブな料理を学 び、テーブルセッティンも凝って、自信満々で彼をおもてなし。でも結局『得意料理は肉じゃが』というベタな家庭料理しか作れない女に彼を取られてしまいま した。私の料理は『家で食べるメシじゃない』『落ち着かない』と言われて。男が求めるのは永遠におふくろの味なんですね」(28歳/メーカー)


●その2:ボリューム料理が仇となって

彼が男らしくモリモリ食べる姿に惚れた私は、彼のために手料理を頑張ったんです。男だからボリューム重視。ステーキ、トンカツ、カレーなど肉を中心に食べ ごたえある料理を作っていたら、彼、糖尿病で入院しちゃった。完全メタボで医者から怒られた彼に「お前のせいだ」とやつあたりされ、フラれてしまいまし た。(25歳/飲食)


●その3:家庭の味の違いで亀裂!

「私は子どものころから親が共働きで、料理はよくしていたので得意。母直伝の味で彼の胃袋を掴んで結婚へこぎつけるはずだったのですが、『ごはんが柔らか 過ぎる』『味が濃いし、甘い』とダメ出しの嵐。私はこの料理で育ったの! とケンカになり、結局、彼の胃袋を手放すことになりました」(27歳/販売)


●その4:料理のアドリブがきかない

「私は料理本をいっぱい持っていて、ネットでレシピを見るのも大好き。『腹減った』という彼にお気に入りのレシピを見ながら手料理を作ったら『料理が出る のが遅すぎる』『野菜炒めとかチャッチャと作れないの?』と言われ......。レシピ通りにきっちり作る私は、残り物で作るとか、そういうアドリブがきかなく て、彼に『君と一緒になるのは不安』と言われてしまいました」(25歳/IT)


●その5:品数問題でトラブル

「彼が好きだと言っていたので手作り餃子でおもてなし。餃子をつまみにビールを飲んでいるときはよかったのですが、ごはんを食べるとき、彼が『おかず は?』と。ほかに味噌汁、お漬物、サラダを用意していたのですが、彼は『ごはんのおかずがない!』とご機嫌斜めに。彼の家では餃子は酒のつまみ、ご飯には 別に焼き魚などのおかずがあるそう。『品数が少ない!』という彼と『贅沢だ』と言う私。夕飯の品数をきっかけに別れました(27歳/看護師)

「彼にとっておいしいもの」を作るのが真の料理上手

 いくら自称・料理上手でも、彼の好みの料理でなければ、男の胃袋は掴めないのです。彼の好きなおふくろの味を研究したり、好みの食事スタイルを考慮したりしつつ、胃袋だけでなく、舌もトリコにしなくてはなりません。

 難しいですが、頑張って彼に「一生キミの料理が食べたい!」と言わせちゃいましょう! きっとそれが結婚の決定打になるはずですよ。

Written by 高橋なたりー

Photo by liber

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング