野球賭博とプロ野球OBの密接な関係 日本の賭博(ギャンブル)基礎知識編:5

東京ブレイキングニュース / 2013年11月20日 15時0分

写真

 つい先日、新宿歌舞伎町の違法賭博屋が摘発を受けたのだが、それを記念(?)して、今回は野球賭博の小ネタをお教えしようと思う。ただし、小ネタと言ってもヤクザが絡む話なだけに、人物名などは伏せ字にさせていただく事を予めお断りしておく。部分的にモヤモヤした書き方になるかもしれないが、こちらも命が惜しいのでご了承いただきたい。

※補足 『歌舞伎町で競馬などのノミ行為 経営者ら10人現行犯逮捕』

(http://www.fnn-news.com より引用)

 東京・新宿歌舞伎町で競馬などのノミ行為をしていた店が警視庁に摘発され、経営者ら10人が現行犯逮捕された。新宿区歌舞伎町の「サテライトWin」経営者の甲原里史容疑者(34)や従業員ら10人は、11月4日、店内に11台のテレビを設置し、全国で行われている競馬や競艇などを映し、客8人から、およそ62万円を集め、ノミ行為をしていたところを、競馬法違反やモーターボート競走法違反などの現行犯で逮捕された。

 さて、ヤクザの領分の違法賭博といえば、昔から根強い人気を持っているのがスポーツ賭博である。特にボクシング・野球・相撲などは三種の神器といえるかもしれない。

 これらが賭博の対象となる場合、様々なやり方があるのだが、メジャーな手法はどちらが勝つか当てるというシンプルなもの。野球賭博などの場合は、当たっても掛け金の2倍が配当の上限となるのだが、寺銭が公営ギャンブルよりも低い(配当の10%程度が相場) ため、昔から廃れる事なく続いている。またチームの戦力差や状態によってハンデが付き、よりゲーム性が高まっているのもポイントだ。

 野球賭博のハンデがいかなるものか具体的に説明すると、例えば巨人vs楽天戦というカードがあったとする。そして楽天にハンデが2付いたとする。 この場合、楽天が最初から2点持ちの状態で試合が始まるという事になる。解りやすく言えば、賭けていた巨人が勝ったとしても、点差が1-0や2-1では楽天のハンデ分が上回ってしまうため、ギャンブル的には負けになってしまうのだ。2-0や3-1でもハンデ分で引き分けになってしまうので、巨人に賭けた場合は3点差以上で勝ってくれる事を祈らねばならない。チームの戦力的に圧倒的な差があったとしても、このクセモノのハンデがあるお陰で、賭け事として成立しているのである。

 こうしたハンデは相撲賭博も同様で、相撲の場合は東西どちらの力士に勝ち星が多いかなどで勝敗が決められるが、この場合も戦力差を考えてハンデが設けられている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング