犯罪予備軍が吸い寄せられる闇サイトの裏側「警察からの問い合わせはありません」

東京ブレイキングニュース / 2013年11月19日 10時0分

写真

 東京都大田区田園調布で中学一年生の女子生徒(12)が誘拐され、家族が2000万円を要求された事件で、監禁容疑で逮捕された埼玉県加須市の会社員(43)が、沖縄県在住の男2人と「インターネットの闇サイトで知り合って、拉致を持ちかけた」と供述した、と報道がされている。しかし、そうしたサイトの管理人はいったい何が目的なのだろうか? 

「闇サイト」という言葉のイメージからは、なかなかアクセスできない"闇の世界"のような印象だが、実際には誰もがアクセス可能だ。メディアで「闇サイト」という言葉が出始めたのは2005年10月頃だ。読売新聞では10月3日付夕刊で、「"闇サイト"には、管理者自身が違法な商売目的などで開設したサイトと、利用者が犯罪行為を呼び掛けたり、利用者同士で犯罪情報を交換し合ったりする掲示板サイトなどがある」と書いていた。

 この頃、私は、「闇の職業安定所」の管理人にインタビューを申し込んだ。「闇の職業安定所」は、「闇サイト」の代表格とされたが、報道されるたびに、同名のサイトがたくさん出来ていた。管理人は、「対面インタビューは難しい」としながらも、メールでのインタビューには応じてくれた。

ーー貴サイト(「闇の職安」)の役割とはなにか。

「当初の目的は、短期アルバイトの求人サイトの予定でした。ただ、そういったシステムを作るには費用もかかりますし、時間もかかります。それを解決する方法として、掲示板と言う手法を取りました。

 誰でも簡単に求人が出せ、求職もできる。そのようなサイトを目指しているのに変わりはありません。ただ、犯罪に関わる書込みや売買の書込みは禁止です」 

ーー(「闇の職安」について)「闇サイト」などとマスコミで報道されている現状をどうみるか。

「サイトの名前の由来は、その時、人気のサイトに『裏のハローワーク』があったので、『闇の職業安定所』と名づけました。検索してみると分かると思いますが、『裏のハローワーク』の管理者は口座売買で逮捕されています。それがマスコミに報道されると、ニュースを見た一般人等が真似をしようとして、(「闇の職安」でも)違法な書込みが爆発的に増えました。オレオレ詐欺やワン切り等も報道が元で広まった犯罪とも言えます。同時に世間に広まり防止と言う事にもなりますが。

 闇サイトと呼ばれてもかまいません。こちらは違法な書込みは削除や制限を掛け、禁止ワードを50以上設定して防止に努めています」

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング