昭和経済界のフィクサー・横井秀樹が各地に残した「下品な廃墟」の深層

東京ブレイキングニュース / 2013年11月25日 10時0分

写真

 昭和という時代は、窮屈な平成と比べると実におおらかで、政治家・財界の大物・ヤクザ・芸能人らが横並びになっていても何ら不思議ではない独特な空気があった。 そんな時代だからこそ、今では考えられないようなスケールの "怪物" が存在していたのだが、今回取り上げるのは「乗っ取り屋」こと横井英樹である。

 横井英樹が何をした人物なのかについては方々で語られているので手短に済ませるが、一言で表現するなら 「昭和の経済界の怪物」 だ。 特に白木屋の乗っ取りと、ホテルニュージャパンの大火災で有名になった男である。

 お固い書籍等では彼の経歴が事細かに解説されるところなのだろうが、今さらそこを突付いても面白くもなんともないので省略する。 せっかくの日刊ナックルズなのだから、他と同じ切り口にしてもしょうがないので、ここでは横井英樹こそ 「日本の廃墟の父」 であると評しておきたい。

 私も含め、廃墟マニアからすると、横井英樹の功績は計り知れないものがある。 横井は会社の乗っ取りだけではなく、ボウリング場・レジャー施設・ホテル等の経営も手がけていた人物(というか一族) なのだが、昭和のイケイケモードが落ち着くに連れ、彼が生み出した 「実業」 も次々と暗礁に乗り上げてしまった。 その結果、日本中に哀愁や無常感の漂うマニア好みの廃墟が生まれて行ったのだ。

 廃墟マニアとは、単に廃墟の光景が好きだという訳ではなく、「どうしてそこが廃墟になってしまったのか?」 「どんな人々がこの空間に存在していたのか?」 といった裏まで考えたがる性質がある。 「キレイに整備された庭だったはずなのに...」 とか 「海外の一流デザイナーにジャパンンマネーを積んで設計して貰ったのに...」 といった諸行無常さがたまらないのだ。

 そういった属性の人間からすると、横井英樹の生み出した数々の廃墟には、昭和の 「金になりそうだからイイじゃ~ん」という後先考えないアーパー(死語)さが残っており、あれこれ妄想を膨らませるのに最適なのである。

(以下文体が崩れます)

 だって純金風呂だぜ純金風呂。 「時価1億円の風呂に入れます!」 って、なんだよその田んぼ売って金を作った田舎の成金みたいな下品なセンスは! ついでに言えば入浴料が宿泊料とは別で、1分だか2分だかにつき1,000円なんだよ? どんな吉原の高級嬢なんだって話だろ。 しかもそのホテルのフライヤー(チラシ) ってお札の形なの。 それが横井一族が経営する他のレジャー施設なんかに置いてあって、その辺のブレない下品さを堂々とやれてしまうところに凄みを感じるよね!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング