【実録】年末に急増...迷惑メール「1千万円差し上げます」に返信したらどうなる?

東京ブレイキングニュース / 2013年12月11日 11時11分

写真

 毎日のように届く迷惑メール、いわゆるスパムメール。筆者のメールアドレスはあくまで仕事関係者との専用アカウントだっただけに、それらには無縁だった。しかし、ある日を境にそのようなメールが届くようになってしまった。そのきっかけは、ある大手SNSが運営するネットオークションに参加をしてからだ。

「あなたに1000万円差し上げます。詳細はこちらへ」

 ある日突然、このようなメールが届いた。筆者は素直に疑問を持った。この業者はどのようなロジックでカネをむしり取ろうとするのかと。すかさず、メールに記載されていたリンクをクリックして、LP(ランディングページ)にアクセスした。

 そのサイトには、「あなたにお金を差し上げます。つきましてはこの入力フォームにお名前、ご住所、携帯番号、年齢などを書いてください」と書いてあった。ご丁寧にお問い合わせメールまでも記載してある。そのお問い合わせ窓口にメールをした。

 まずは「なぜ見ず知らずの私にお金をくれるのですか?」とメールをした。するとすぐに返信が来た。

「私は27歳の女性です。実はどうしてもあなたに貰って頂きたいお金があって、それでこの様なホームページを作ってまで連絡したのです。あなたの事は私の友達から聞いていますので、心配しないで下さい」

 もちろん、心配である。率直な疑問として「あなたの友達とは誰ですか?」と返事を送った。その相手とのメールのやり取りを紹介しよう。

「あなたの知らない人です。もしかしたら知ってる人でも忘れてる人かも知れませんね」

ーーお金は喜んで頂きます。だけどなぜ1000万円なのですか? もう少し欲しいです。何とかなりませんか?

「もう少しあげてもいいのですが、私は今仕事でニューヨークにいるんです。だからすぐに自由になるお金が1000万円しかありません。だからそのお金で協力してください」

ーーわかりました。なぜ、ニューヨークにいるかのか、その理由をお聞かせ願えませんか? そしてあなたのお名前も教えて下さい。

「私は今、親戚とニューヨークに家具の買い付けに来ています。しかし、叔父が浪費家で、お金をあれば使ってしまうのです。だからお金を捨てるのなら、信頼出来る人に有意義に使って貰おうと家族親戚と話し合ってあなたに決めました。だから安心してください。私の名前はカナと言います」

 なんとも陳腐な理由だ。時給1000円前後のサクラ・アルバイトが考える妄想はこのあたりが限界なんだろう。しかも、返信の度にメールアドレスが微妙に変わっているのが怪しすぎる。その疑問をぶつけた。

ーーカナさん、ご返信ありがとうございます。お金は私が責任持って使わせていただきます。だけど、メールのアドレスが微妙に少しずつ変わるのはなぜですか?

「私にはわかりません。たぶん、ニューヨークのフリーメールを使っているのでその関係だと思います」

 次第に言い訳が苦しくなってきた。届いたメールのヘッダ情報によると、送信先は明らかに国内だった。

ーーヘッダ情報を見ると、送信元が国内なのですがどうしてなんだろう? あなたはニューヨークですよね? とりあえず早くお金を振り込んでください。

「私にとって本当に信用出来るかどうか、試したいのでここにアクセスしてもらえませんか? その後に口座番号とか教えて下さい」

 指示されたのは、みすぼらしい出会い系サイトだった。ホスト情報を調べると、群馬県にある会社が運営しているようだった。そろそろこのやり取りも飽きてきたので最後にメールを送った。

「ありがとうございます。1000万円いただける証拠として、このメールは大切に保管させていただきます。請求書は群馬県の会社に送ればいいですか? 念のため、内容証明で送りますのでお楽しみに!」

 そのメールを送った直後に、カナさんからのメールは来なくなった。そして迷惑メールも心なしが数が減ったように思う。年末はこのようなメールが増えてくるので、くれぐれも真に受けないよう注意していただきたい。

Written by 西郷正興

Photo by RLJ Photography NYC

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング