通勤中に官能小説!? 女性向けエッチメディアが流行中!【ウーマン】

東京ブレイキングニュース / 2013年12月13日 0時0分

写真

 近年、アダルトコミックやアダルトビデオなど、女性向け官能メディアが増えているとともに、その人気も高まっています。

 以前に比べると、女性の性がオープンになったことは確か。今まで隠していたエロティックな部分を表に出すようになった人や、エロい自分に抵抗を感じなくなったという人も多いかもしれません。

 女性向けエッチメディアを愛用しているアラサー女性に、どんなアイテムをどんなときに利用しているのか聞いてみました。

興奮・刺激・快感......女性向け官能メディアを愛用する女性たち

●その1:もっぱらAV派

「他人のセックスを見る機会なんて、AVくらいしかないじゃないですか。人がセックスしている映像を見て興奮するのは、男性だけじゃなくて女性も同じだと 思いますよ。女性向けのものは、女性目線で描かれているものが多くドラマっぽい作りになっているので、トキメキやドキドキ感が味わえるのもいいですね」 (27歳/美容関連)


●その2:レディコミにハマっています

「最近はネット上でもマンガが見られるので、気軽にレディコミを楽しんでいます。下品な感じはなくて、絵がキレイなので読みやすいし、想像アイテムとして 最高なんです。まあ、これは彼氏も知らない自分だけの秘密ですけど。楽しんだ後は履歴を消去するのが日課です」(28歳/マーケティング)


●その3:AVを見てイク

「彼氏はいるので定期的にセックスはしていますが、どうしてもイケないんです。だから、セックス後でもこっそりスマホでAVを見ながら自分でイクんです。 彼氏にはちょっと申し訳ないんですけど、イケないで終わるとどうしても物足りなくて......。ただ、そのときに男性向けAVを見るのはあまりにも虚しいので、 女性向けを見ています(笑)」(30歳/営業)


●その4:通勤中に官能小説

「毎日、通勤中に官能小説を楽しんでいます。表紙にはカバーを付けているし、中身は活字だけなので、普通の小説を読んでいるのと変わりませんよ。でも、内 容はかなり過激なので、朝から相当刺激的です。つい、キョロキョロと人の視線を気にしてしまうことも多いですね。逆に、このスリル感がやみつきになってい るのかも」(33歳/販売)


●その5:彼と一緒にAV鑑賞

「彼とラブホで一緒にAVを見たことがきっかけで、定例化しつつあります(笑)最近は、男性向けのものよりも映像がキレイな女性向けのAV率が高いですね。ただエロいだけじゃないので、すごく気持ちが高まるんです。AV鑑賞後のセックス、オススメです!」(27歳/受付)

AV派女性多数!? 女性向けAV人気の鍵を握る「エロメン」

 女性向け官能メディアは色々あるものの、やはりAV派という女性が多いよう。
 その人気の秘密は、女性目線で描かれたストーリー仕立てやきれいな映像などにもありますが、セクシーでイケメンな男優「エロメン」の存在も大きいと言います。
 実際に、彼らのトークショーやサイン会は、定員以上の応募が殺到するほどの人気ぶりなんだとか。女性の性を盛り上げてくれる存在が現れたのはとても喜ばしいことですね。

 こうしたメディアのおかげで、マンネリセックスやセックスレス事情にも少しは変化があるかも!?  女性のエロ力に期待です!

Photo by Robert Bejil Photography

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング