脱法ハーブでついに死亡者...殺人媚薬「アロマリキッド」販売業者インタビュー

東京ブレイキングニュース / 2013年12月14日 14時12分

写真

「快感が得られると聞いてアロマリキッドを飲ませたら、女性の体調が悪くなった」
 ラブホテルで体調不良に陥った知人女性(41)を放置して死亡させたとして、10月17日、大阪府警に、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された無職男(40)=大阪市生野区=は事件のいきさつをこう話しているという。

 男が女性に飲ませた「アロマリキッド」とは、媚薬効果がある脱法ドラッグ(脱法ハーブ)の一種だった。国は定期的に薬物を規制しているが、法をくぐり抜ける製造者が後を絶たず、今でも普通にインターネットなどで販売されている。これら脱法ハーブには一部の暴力団関係者も関わっていると見られ、製造から輸入、卸、小売まであらゆる分野での暗躍が疑われている。

  都内の繁華街で脱法ハーブを販売していた元業者の男性(38)は絶対に匿名を条件に取材に応じてくれた。

――いつ頃まで販売をしていたのか?

「今年の4月までですよ。今はもうやっていません」

 ――止めた理由は?

「警察の指導と卸し元との付き合いが面倒になったので」

――卸し元は暴力団ですか?

「それに近い人間ですね」

――付き合いが面倒とは?

「仕入れ以外の付き合いですね。クラブに顔を出せとか、少し金を回してくれとか。言い方は変わるけど、こんな商売始めるから金出さないかとか。ファンドがどうとかって。向こうからすると仕入れの数量でこっちの売り上げも全部筒抜けですからね。そんなに儲けてるならって、いろいろとタカってくるんですよ」

――ミカジメ料みたいなものか。

「そんな事もありましたね。だけど一番の理由は警察です。最近は本当に厳しくなってきたんで。当初は"ハーブ"だけうるさかったんですよ。それがアロマリキッドまで厳しくなったので、もう潮時だと思ったんです」

  厚労省によると、アロマリキッドに明確な定義はない。植物片に合成薬物をまぶしたり、吹き付けたりした「ハーブ」に対して、アロマリキッドとは液体状の脱法ドラッグを指す場合が多い。ネット上には、アロマリキッドに関する情報をまとめた掲示板が数多く存在し、媚薬として効果が体験レビューとして書き込まれている。

 だがその一方で見落とせないのが、呼吸困難になったり、気分が悪くなったりするという書き込みも多いことだ。その危険性がありながら「脱法」「合法」の名がついてしまうのは、売られている製品から国が規制している成分が検出されていないというだけ。安全だから合法だなどと勘違いしてはいけない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング