年末の海外旅行者は必見...前科があると入国拒否されるのか? 草下シンヤのちょっと裏ネタ

東京ブレイキングニュース / 2013年12月16日 12時45分

写真

 今月、ボクシング元ヘビー級王者マイク・タイソン氏がイギリスへの入国を拒否されていたことがわかった。12月11日のMSN産経ニュースは次のように騒動の背景を報じている。

『タイソン氏は1992年に性的暴行で禁錮6年の判決を受けたほか、コカイン所持などでも有罪となっている。英国は昨年、過去に4年以上の禁錮刑を受けた人物の入国を一律で拒否する法改正を行っており、タイソン氏側は法改正に気付いていなかったという。』

 入国の基準は国によって異なるが、アジアやEUは比較的ゆるく、アメリカやイスラエルは非常に厳しいというのが旅行者の共通認識だった。犯罪歴のある人間にしてみれば、「自分がイミグレーションを通過できるかどうか」というのは大きな問題である。

 友達や家族と旅行したとき、イミグレーションで足止めを食らい、屈強な係官に囲まれて「ちょっと別室へ」などと言われたら目の前に緞帳が降りたような気分になるだろう。

 わたしのところにも「自分は傷害の犯罪歴があって今度タイに行くんですけど入国できますか?」などという相談が来ることが多い。入国に関する状況は流動的なのではっきりしたことは言えないが、ニュースなどで大々的に報じられた大事件でなければ、アジアへの入国は基本的には問題ない。

 EUも同じようなものだと思っていたが、前述のニュースのようにイギリスでは法改正が行われ、入国審査が厳しくなっている。今後、この法改正がEU全体にどのような影響を及ぼすか気になるところだ。

 今年の夏、わたしは男友達4人と連れ立ってサイパンに旅行に行った。鬱屈とした雰囲気の日本を離れて南の島で遊ぼうぜ!!! ってノリなわけで、出発前からみな異様にテンションが高かったのだが、Iという人物だけが少し浮かない顔をしていた。

 理由は簡単、Iには薬物による逮捕歴があったのだ。

「いやー、大丈夫だと思うんですけどね」

「まあ、大丈夫でしょ」

 Iの判決は執行猶予付きのものだった。しかも、すでに執行猶予期間は終了している。完全に大丈夫と言いたいところだったが、1つだけ懸念があった。

「だけど、草下さん、サイパンってアメリカの準州なんですよね」

 そうなのだ。

 小笠原諸島の南に位置するサイパンは自治権は認められているが、アメリカの準州扱いとなっている。アメリカといえば、9.11テロ後、入国審査が異常とも言えるほど厳しくなり、入国拒否が相次いでいることで有名である。Iは大丈夫なのか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング