アド街ック天国・八王子特集に創価学会ウォッチャーが熱視線「配慮が露骨だった」

TABLO / 2013年12月21日 21時0分

写真

 日本全国の「街」にある名所や名物をランキング形式で紹介する『出没!アド街ック天国』(テレビ東京・毎週土曜日夜9時~)といえば同局が誇る長寿番組としてお馴染みだ。そんな通称「アド街」で今月7日、八王子特集が組まれ、某新興宗教ウォッチャーの熱視線を浴びた。

 街を歩けば東京・千駄ヶ谷と並ぶ三色旗だらけのこの地域で「1位」に選出されるのは、やはり創価大学なのでは......と創価学会ウォッチャーらが息を呑んで見つめる中、なんと1位となったのは何とも謎めいた「学園都市」というものに落ち着いた。

「学園都市」と言葉を濁しながらも創価大学が映し出されるのではと、再び息を呑み見つめる学会ウォッチャーらだったが、東京工科大学、拓殖大学などの一般的な女子生徒が次々と映し出されるものの、創価大学生徒の出演はなかった。ちなみに、この日の出演ゲストは創価大OBで、創価学会広報DVDにも出演するナイツの塙で、「グラウンドの広さ」に言及する一幕があるにはあったのだが、この不自然すぎる「創価外し」に関し、学会ウォッチャーらは次のように分析した。

「2009年には司会の愛川欽也が『僕は創価学会員ではありません。僕にとっては迷惑なことです』と異例の反創価コメントを出しているため、番組側が配慮した可能性が高いですね。それにしてもスリリングな番組展開でした」

 アド街は学会ウォッチャー的にも要チェック番組のようだ。今後の展開からも目が離せない。 

Written by ニポポ

Photo by 「出没!アド街ック天国」公式サイトより

TABLO|タブロ

トピックスRSS

ランキング