恋愛相談を持ちかけるべきは同性ではなく異性!

恋学 / 2014年3月26日 2時0分

男性と女性では生まれながらにして脳の作りが異なります。ですから、恋愛相談を同性にしたところで適切な答えが返ってくる可能性は低いのです。恋愛相談をするなら、異性の意見を参考にしてみませんか?

gf01a201312140000

男性脳と女性脳の違い

よく、男女の会話が噛み合わないことがありますが、これらすべては脳の作りの違いであることが科学的に証明されています。例えば、思考を司る左脳が発達している男性は、論理的なプレゼンが得意。しかし、感情を司る右脳が劣っているため、言葉で愛情を伝えるのは苦手です。

会話に関して説明すると、女性は“会話”を楽しむ生き物であり、男性脳は“結論”を求める生き物なのです。

構図としては、ダラダラと長話をする彼女。それに対し早く結論(オチ)が欲しい彼。となるわけですから、会話が噛み合わないのも無理はありませんね。

男性に好まれる話し方とは?

では、“話のつまらない女”だと思われないためにはどうしたらいいのでしょうか。

■男性から好まれる話術
その1:結論から入る
男性脳は長い文脈に弱いですから、端的な言葉を選ぶと話に興味を抱くようです。

その2:論理的かつ数字を盛り込む
たとえば相談を持ちかけるとき、「原因は3つあるのだけれど……」といった具合に説明すると、男性は理解しやすくなります。

その3:YESかNOで答えられる質問を用意する
女性の話を聞いていると、「結局は何が言いたいの?」と思うことが男性には多いそうです。質問をするときは、「どう思う?」と投げかけるより「どちらがいいと思う?」と二択にすると回答が得られるでしょう。

恋愛相談を持ちかけるなら男性に!

やっと本題に入るわけですが、恋愛相談を持ちかけるなら、断然男友達に聞いてもらうべきです! 男性が物事を客観的かつ論理的に考えられることもありますが、男心が理解できない女同士で話し合っても机上の空論です。最終的には「そんな男やめれば?」と言われるのがオチで、何の解決にもならないでしょう。

また、友人によってはあなたの幸せを妬んでいる場合も考えられます。それが女同士のいやらしい部分でもありますが、綺麗な友情ばかりが存在するわけではありません。

つまるところ、女友達にはノロケや愚痴を。問題解決を図るなら、信頼できる男友達に相談を持ちかけるのが一番です。ただ、あなたに親身になってくれる男性には下心がある可能性もありますから、その点には注意してくださいね。

★★★恋の教訓★★★
同性には愚痴とノロケを。恋愛相談は信頼できる男性にしよう!

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング