重要なのは外見だけじゃない! 合コンや街コンで自分の印象を残す工夫

恋学 / 2014年4月5日 2時0分

合コンや街コンとなると、少しでも他の女子と差をつけ、ターゲットの彼に自分の印象を残したいもの。だからと言って、オシャレに気合いを入れ過ぎるとただの派手好きな女に見えてしまい逆効果に。重要なのは外見だけではありません。外見以外で、自分の印象を相手に植え付けて忘れさせない簡単テクをみていきましょう。

集団/ルーレット

話し方に抑揚をつける

合コンや街コンで面白い話をしなくては、と思う必要はありません。私たちは芸人やタレントではないので、しゃべりの内容自体が面白くなくて当然です。それに、男性を引きつけるような面白い話をしようと思うと、プレッシャーで余計話せなくなってしまいます。

そこで、話の内容ではなく、話し方に注目です。どんなに面白い話をする人でも、抑揚のない一本調子の声では印象が薄くなってしまいます。少しオーバーリアクションと思うくらいがちょうどいいかもしれません。それに、お酒が入っている場だと、オーバーリアクションをしても不自然ではありませんよ。

質問を投げかける

話を続かせるためには、相手に質問を投げかけましょう。どんな質問をすればいいのかと悩む必要はありません。分からない単語や、知らない話が出てきたらすかさず「何それ? よく知らないから教えて」と食いついてみましょう。

男性は説明をするのが好きな生き物なので、ガンガン質問して語ってもらいましょう。

ギャップのあるエピソードを話す

さて、話を無理に面白くする必要はないと先ほど述べましたが、印象に残す話はしたいところ。そこで使いたいのが、ギャップのあるエピソードです。

例えば、服装は男子ウケしそうな清楚系な格好なのに、中学時代は陸上部の大会で上位入賞したことがある。あるいは普通の女子っぽく見えるけど工業科卒で機械いじりが得意など、自分のちょっとした特徴が実はギャップエピソードに繫がることだってあります。普段はあまり意識していない自分の特技や趣味などを、今一度振り返ってみてください。

外見だけが印象に残るわけではない!

どんなに顔がかわいくても印象に残らず、いまいち顔が思い出せない人っていますよね。そのような女子のことを、合コン用語では『金スマの後ろ』と言われているそうです。これは、バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)にて、後ろに座っている女性たちが皆同じような顔に見えることが由来とのこと。このことからも、外見だけが印象に残るわけではないことが分かりますよね。

あなたもぜひ、気になる彼にしっかり印象付けられるよう、上記のポイントを参考にしてみてくださいね。

banner-ginza02

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング