“ありのままの私”を愛してもらうには、やみくもな彼氏探しはNG

恋学 / 2014年4月4日 7時55分

恋愛マニュアルを駆使しても、うまく恋ができない。なんか疲れてしまう……。そんな時は、無理をしないで「ありのままの私」をさらけ出しましょう。

素の自分を愛してもらえたら、恋愛はもっと楽しくなるはずですよ。

 gf01a201403270300

1. どんな男性に自分をアピールするか?

「ありのままの私」を愛してもらうために1番大事なのは、自分を受け入れてくれる男性を彼氏候補に見ること。自分がどんな人を求めるか? ではなく、どんな人が自分を愛してくれるか? を重視するんです。

なので、手当たり次第に合コンへ行くより、趣味コンに参加するとか。あるいは、同じ業界で働く男性に注目する、ファッションや好きな世界が共通する友人から彼氏を探すなど、最初からターゲットを絞りましょう。

というのも……かつて、浮いた話が全くない私に、女性向けコンテンツを多数制作する会社の社長さんがこう言ったんです。

「出るとこに出なさい」と。

やみくもに彼氏を探すのではなく、自分と合いそうな男性がいる場を見極めて足を運びなさい、というアドバイスでした。また、その言葉に従って、周囲に「誰か紹介して」と言いまくるのをやめ、マニアックな趣味で繋がり合うSNSに登録したところ、5年ぶりに彼氏ができたのでした。

そもそも、「ありのままの私」が受け入れられるのがわかっている層から恋人を選ぶなら、マニュアルに頼って偽りのモテ女を演じる必要はありませんよね。

2. 周りが決めつけるキャラに縛られない

職場ではもちろん、仲間うちでも“役割”があるものです。でも、周囲が知る自分が本当の自分とは限りません。管理職に就くキチンと女子が、プライベートでは意外にも天然キャラだったりします。

私の友達にも、自分は面白キャラだから可愛くしても仕方ないと、ファッションや言動をあえて外すN子(彼氏いない歴7年)がいますが、本音は自分の可愛さをわかってくれる彼氏が欲しいし甘えたい、とのこと。

N子のように、周囲が決めつけるキャラから脱せなくて悩む女性は多いようですね。

こういう場合、「あなたって、○○な人だよね」と言う人がいない場所で恋を探しましょう。まずは、職場の男性や学生時代からの知人は恋愛対象から外します。そして、新しい趣味のサークルへ参加するとか、本音を明かせる親友だけに紹介を頼むなどして、そもそも「あなたを知らない人」との出逢いを求めるんです。

初対面の相手なら、キャラに縛られることはありません。のびのびと素の自分をさらけ出せますよ。

3. もし、好きになった男性が「ありのままの私」を受け入れてくれなかったら?

まず初めに、潔く諦めることが大事です。

けれど、それは“あなたが受け入れられなかった”のではなく、“単に相性が合わなかっただけ”なんです。「ありのままの私」を否定しないようにしましょう。

それに、大好き!と思った男性を、付き合った後で大嫌いになる例だってありますから。

好きになるべき人を見誤ることは、長い人生のうちで一度や二度くらいあるはず。恋する相手を間違えたと思って、他に目を向けましょう。

ただ、上手に諦められずに苦しくなる場合、「失恋は本当の恋に出逢うためのステップ」と考えると良いですよ。失恋は、悲しむだけのものじゃありません。愛を学ぶ良いきっかけになります。

あなたの魅力を理解してくれる人は、必ずいます。

失恋の原因は「ありのままの私」をさらけ出すことじゃないんです。“誰に、何を、どんな風にアピールするか?”この3つのうち、何かを間違えたのでしょう。

もし、あなたが今まで「自分をどう表現すればいい? どうすれば愛してもらえる?」と真剣に考えてきたなら、悩んだ分だけ内面が磨かれているはず。

悲しい失恋を経験したなら、そのぶん心は強く、美しくなれたはず。もっと自信を持っていいんです。「ありのままの私」で堂々と恋をしましょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング