恋がしたい人必見! 好きな人ができる3つの方法

恋学 / 2014年4月9日 2時0分

年齢を重ねるほど恋をするのが難しくなっていると感じることがありませんか? 私のところにも、そういった相談が多く寄せられます。今日はそんなあなたの背中を優しく後押しできるような内容をお送りしたいと思います!

カップル/夕陽

気になるみんなの恋愛事情

まず、こちらをご覧ください。
◆現在、好きな人はいますか?

現在好きな人がいますか

◆「いない」という方は、出会うための努力をしていますか?

出会うための努力はしてますか

なんと、73,7%もの人が好きな人はいないという結果が! そのうちの半数の人たちは出会うための努力をしているといいます。

実際に、どのような努力をしているのかを聞いてみると……。

●合コンに積極的に参加しています!(20代前半/女性)
●街コンに月1で参加しています!(20代後半/男性)
●SNSを利用して出会いの数を増やしています。(30代前半/女性)
●某結婚相談所に入会しました!(20代後半/女性)
●恋人募集中とまわりに言いふらしています!(30代前半/男性)

なるほど。しかし、よくよく話を聞いてみると、出会いの場に足を運んでも、なかなか良い縁にはめぐり会えないのだとか。中には、「恋の仕方を忘れた」「好きな人ができる気がしない」という何とも悲しい声もあったのです。

好きな人を作る方法

世の独身女性たちよ! 女に生まれたからには幸せになりましょう!!
なんて偉そうなことを言える立場ではありませんが、「好きな人ができない!」というそこのアナタ! ぜひ、これから書き出すことを一緒に実践してみませんか?

その1・恋人(好きな人)が欲しいと認める!
まずは自分の気持ちを自覚するところから始めてください。好きな人が欲しいという事実を認め行動するのはもちろん、周知していかなければ協力は得られません! 何よりも「いい人がいれば付き合ってもいいけど?」というスタンスの人には良縁など訪れないのです!!

その2・「面倒くさい」と思わない。口にしない
これ、どんな物事にも言えますが、「面倒くさい」という投げやりな言葉には、明確な「理由」も「アイデア」もないことがほとんどです。そして、後付けのようにダラダラと「言い訳」が出てきます。言い訳ばかり上手になっても、女性としての資産価値は低下し、恋愛市場で売れ残るのは目に見えているのです!

その3・減点法観察をやめる!
年齢を重ねて得たのは知識と経験、そして余分な贅肉(笑)……それは身体だけでなく、実体験に基づく「余計な情報」という名の贅肉ですね。「あの手のタイプの男は浮気性」「やっぱり年収は重要」など、相手を知る前に勝手な思い込み、ひいては相手のマイナス面ばかりに目を向けてせっかくの出会いを台無しにしているのです。

おわりに

10代の頃に好きな人が簡単にできていたのは、相手の長所を見つけるのが上手だったからです。だって当時は年収や家柄、将来性といった条件など恋愛には関係なかったから。「スポーツができるから好き」「優しいから好き」もう、それだけで良かったのです。

そう聞いて、「今さらそんな恋ができるわけがない!」と思う気持ちはごもっとも。だけど恋の始まりって、本当はそれくらい直感的なものではないでしょうか。もう一度あの頃のように、他人の長所に敏感になってみませんか? たとえ相手の短所を見つけても、その短所を長所に見る方法はないかを考えましょう! 減点法ではなく、加点法を多く取り入れれば、恋のチャンスは格段に広がりますよ。

★★★恋の教訓★★★
 他人の長所を見つけ出す感性を磨くことが、「好き」につながる!

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング