好きすぎてつらい……! 片思い中に避けるべきNG行動

恋学 / 2016年12月21日 11時30分

好きな人がいると、好きすぎてつらいという状況になることもあるでしょう。恋をしているがゆえに、普段はしない行動をしてしまう女性もいそうです。ただ、行動によっては周囲や好きな人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

今回は、片思い中に避けるべきNG行動をご紹介します。

Cute offended sad curly girl with bright makeup in retro style standing with arms crossed over white background

SNSにポエムを投稿する

誰にも見られない日記や非公開のSNSなら、好きなだけポエマーになってもいいと思います。問題はみんなが見えるところでポエマーになること。読んだ側としては「痛い」「どう反応すればいいの?」などと思ってしまい、場合によっては読む側をイライラさせてしまうことも。もちろんSNSの使い方は人それぞれですし、人の目を気にしすぎるのもよくありません。しかし、SNSは公共の場でもあるのです。誰かに見られているということは意識しておきたいですね。

しつこくアピールする

両思いになるためにも、彼にアピールする必要があります。思わせぶりな態度をとったり、彼にたくさん笑顔を向けたり……アピール方法はたくさんあると思います。ここで気をつけたいのが、しつこくアピールをしないことです。どんなことでも、しつこいと嫌われやすくなります。更にあなたのアピールが周囲の人にバレてしまっているのなら、彼は周囲から「付き合っちゃいなよ(笑)」なんていう冷やかしにあう可能性も。冷やかされることが嫌いな男性だった場合、原因を作ったあなたに対して嫌な感情を抱いてしまうかもしれません。

好きな人に気を使いすぎる

好きな人に嫌われたくないからと、好きな人に気を使いすぎることも危険です。多少気を使う程度なら「可愛い」「素敵な女性」と好感を得られますが、気を使いすぎると「自分の意見がない女性」「俺にとって都合のいい女性」という状態になりかねません。特に、都合のいい女性になってしまったら本気の相手ではなく「遊び相手」の対象になるかも……。遊び相手の対象だと思われてしまったら、両思いになることは難しいです。好きなように振り回されて捨てられる可能性がでてきます。

嫉妬を表にだす

好きすぎるがゆえに、ちょっとしたことでも嫉妬しやすくなってしまいます。好きな人が女性をチラッとみただけでも「もしかしてあの子に気があるの?」と思ったり、その女性の容姿が自分より上かどうか気にしたり……。軽い嫉妬なら問題ありませんが、嫉妬を通り越して憎悪になってくると危険大。嫉妬した女性や好きな人に対して冷たく当たったり嫌な態度をとったりすることになりそうです。そんな姿に好きな人もドン引きしてしまうかも。

恋愛だけにのめり込む

好きすぎるというくらいの片思いになってくると、頭の中は恋愛のことでいっぱいになりがちです。いつも好きな人のことを考え、ぼーっとしてしまうことも多くなるでしょう。気づけば恋愛にのめり込んでいた……なんて状況になりかねません。恋愛にのめり込んでしまうと、ほかのことがおろそかになるうえに、失恋したときの拠り所もなくなってしまいます。恋愛も大切ですが、あくまでも”ほどほど”に抑えておくことが大切です。

最後に

恋をすると盲目になってしまい、自分がなにをしているのか客観的に見られなくなります。周囲からのアドバイスや注意も耳に入らないかもしれません。あなたが誰かに恋をして、「好きすぎてつらい」と思うようになったら、一度冷静になってみてください。落ち着けば客観的に自分を見られるはずですよ。

Written by 神之れい

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング