カラーコーディネーターが教える、好印象をしっかり残す色の魔法

恋学 / 2014年5月5日 0時40分

自分に似合う色を身につけた方がいいけれど、ついつい無難な色ばかり揃えてしまう……そんな女子は多いと思います。振り返れば私たちは、好んで身につけているファッションが、本当に似合っているか、本当に男性に好印象を残しているのか、客観的に考える機会は少ないと思います。

今日はそんな私たちに、恋愛にプラスの効果をもたらす色の魔法について、前回に引き続き、服飾デザイナーでカラーコーディネーターの髙橋利予さんに伺ってきました。(前回の記事はコチラ)

20140508TOP

カラーのプロが教える、恋愛にプラスの色とは

Q:さっそくですが、今回は恋愛に生かす色の魔法と題しまして、恋愛に効くファッションについて教えてください!
A:恋愛にはやっぱりピンクがいいですね。ただし、きちんと自分のパーソナルカラーのピンクであることが大切です! イエローベースの方であれば、ベビーピンクなど青みがかったピンクは違和感が出ますので、そこは注意して選んでください。

そして、とろみのある柔らかい素材を選ぶようにしてください。シフォンなどの素材を、しっかりとサイズを合わせて着る。こうすることで、柔らかい印象が出ますので、第一印象でプラスになると思います。

Q:やっぱりピンクですか。どうしてもピンクは苦手……という女子に、解決策はありませんか?
A:ピンクがダメな場合は、白も恋愛においては万能カラーだと思います。もちろんこれも、自分に合った白を取り入れることが大前提! 白を取り入れるメリットは、白と他色を合わせることで「抜け感」が出ます。そうすることで清楚感が生まれ、好印象に繋がるのです。

20140508-2

 

恋愛にNGなのはフォーマルすぎる雰囲気

Q:では逆に、恋愛においてNGカラーはあるのでしょうか?
A:恋愛したいなら、似合っていても黒は多様しないようにしたいですね。黒って喪服が代表的ですが、究極のフォーマルカラーです。黒を着ることで、神聖感が出過ぎて、ちょっとシャットアウトな感じが出てしまいます。ご自身を黒という殻で守る感じですね。

あと黒いワンピースなどを着た場合、黒い塊に見えてしまう危険性があります。もはや太っているのか痩せているのか、美人かもわからなくなる(笑)そして、黒ばかりをずっと身につけていると肌もくすんできますので、恋愛を頑張りたい方は、ちょっとだけ黒を控えてみてください。

最後に、毎日頑張る恋学読者にメーッセージをお願いします

いつもお伝えしているのですが、女性は顔が命です。つまり、服よりもまずはメイク! メイクの色味は間違えないでくださいね、とお伝えしています。

そしてもっと色を活用して、もっともっと自信を持ちましょう! 服やメイク色を変えて会社に行って褒められる。そうするとますます自信がつく。そんな美のサイクルを自分で作りだす事で、恋愛だけでなく人生は一層輝くと思います。

パーソナルカラーってモチベーションに本当に関わることなので、今までおどおどしていたけど、似合う服を着たらハッキリ物事が言えたなど、新しい自分に変身するきっかけの1つです。ぜひ自分に似合う色を見つけ、現在おの恋や、新しい恋探しに頑張ってみてくださいね。

20140508

今日は服飾デザイナーでカラーコーディネーターの髙橋利予さんに、恋愛に生かす色のお話をうかがいました。今回恋学だけの特別割引として、5月中のご来店であれば、このコラムを見たとお伝えいただくだけで1,000円割引にてカラー診断が受けられます。ぜひ婚活仲間とプロの目を入れた自分磨きも、取り入れてみてはいかがでしょうか。
カラークチュールHP:http://www.iiiro.net
お問い合わせ:riyo1116@themis.ocn.ne.jp

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング