「いい感じ」だったのに素っ気なくなった彼に起きていること 3パターン

恋学 / 2014年5月16日 1時21分

好きな人と「いい感じ」になれている時、特に地雷を踏んだ自覚がないのに、男性が急に素っ気なくなる場合があります。

「嫌われた? どうして?」と困惑しますし、どうにかして気を引こうと焦りもしますが、なぜ素っ気なくなったのか理由がわからないと、対応するのも難しいでしょう。

何もしていないのに急に態度が変わる男性には、いったい何が起きているんでしょうか?

 20140516

1.仕事が忙しくなった

交際していたらまだしも、まだ付き合うかどうか迷っている時、仕事より恋愛を優先する男性はあまり多くありません。仕事が忙しくなって、単純にLINEやメールの回数が減り、会う時間もなかなか作れなくなっているケースが考えられます。

またこの場合、女性に対して男性は、「何が何でも付き合いたい!」という決定打がまだない時期でしょう。恋人未満でも、本気で好きなら「仕事が忙しくて、なかなか連絡できない。ごめん」などと、一言くれるはずですから。

もし、正直に仕事が忙しいと教えてくれていれば、その言葉を信じて“待つ”のが賢明です。多忙な男性を気遣って連絡する回数を減らし、会いたいともあまり言わないようにすると良い印象を与えられます。何か告げるにしても短い応援メッセージを適度に送り、彼を急かさないことが大事です。

間違っても「どうして会ってくれないの?」と責めたり、既読無視に対して一方的にLINEしまくったりはしないように……。自己中心的な女性と思われて、本当にフェードアウトされてしまいます。

2.それなりに理解し合えたと思い込んで、安心している

男性は基本的にメールやLINE、電話などをマメにしません。「この子を繋ぎとめておきたい!」と思えば頑張りますが、「たぶん両想い」と安心してしまうと、とたんに不精になります。つまり、女性の目に素っ気なく映る態度の真意が、「俺としては半分付き合ってるつもり」というケースがあるのです。男性は素の自分を出し始めていて、良い意味で女性に気を遣わなくなっているのでしょう。

ただ、この場合は、扱いがぞんざいでも男性は交際に乗り気なので、連絡をしなくなることはありません。あえて放置してみると、彼は「あれ、何も言ってこない。どうした?」と気になって、自分から連絡してくるはずです。

そのため、そもそも男っぽく無骨な男性ならまだしも、もともとマメなタイプが素っ気なくしながら完全に繋がりを断たない場合、キープされている可能性があります。「彼が会いたい時しか会ってくれない」「会ってもセックスするだけ」などという傾向があれば、注意が必要です。

3.冷めてしまった

ある程度仲良くなったら「なんか違う」と気づいて、フェードアウトしようとしている……というケースです。

この場合、関係の進展を望むのはなかなか難しいでしょう。女性が自覚できない“何か”が、男性にとっては受け入れ難いものだといえるので、深い仲になっていないなら、潔く諦めるのも一つの手です。特に、ウマが合わないとか、ノリが違うなどというものは、努力してすり合わせられるものではありません。

なので、たとえ付き合えても長く続かない可能性が高いのです。彼だけじゃなく、いずれ女性側も違和感を覚えてしまうでしょう。深入りする前に恋心を手放すなら、あまり胸も痛まないはずです。

いい感じだった彼が素っ気なくなるには、必ず理由があります。焦らず、冷静かつシンプルに彼の言動を分析していけば、きっと本心が見えてくるに違いありません。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング