【男性心理シリーズ】男のひとはなぜ女性の話を聞いてくれないのでしょうか?

恋学 / 2014年6月7日 2時10分

合コンや街コン、恋活パーティーに参加して、女性の話を聞きもしないで、じぶんのことばかり喋る男性っていますよね? 今回は、男性はなぜ女性の話を聞かないでじぶんのことばかりを喋るのか? に関する男性心理について見ていきたいと思います。

20140607

女性の話を聞くのが仕事という男

女性の話を聞くのが仕事だという男性がいます。ほかでもないキャバクラのボーイさんです。

以前、都内のキャバクラチェーン店のボーイさん用のマニュアルを入手したことがありますが、そこには

1:女性の話を否定してはいけない
2:女性の話を聞かなくてはならない

という項目がありました。

キャバクラは女性がモチベーションを高く持って、気持ちよくはたらける環境がないと売上が伸びません。女性を怒らせてしまうなんて言語道断な商売です。

したがって、なにをすれば女性がハッピーになれるのか? をあるていど熟知している人がこういうマニュアルを作ります。

世間の男たちは・・・

キャバクラのボーイさんはちょっと特殊な職業で……なんて言っていられるうちはまだ青く、そのうち歳を重ねて30歳を過ぎてしまえば、「ひとはみな同じ」です。どんな職業やどんなお店にも、「似たようなひと」がいることがわかります。

一般企業に勤めている男性は、キャバクラのボーイさんほど女性の扱いに慣れないまま歳を重ねます。

つまり世の中の大多数の男は、女性に対してなにをすれば女性は機嫌が悪くなるのかを知らないまま大人になりおじさんになり、おじいさんになります。

というわけで

というわけで、なぜ男たちは女性の話を聞かないのか? の答えは明白ですよね。

どうやったらモテるのか知らない男性たちは、女性の話を聞かないということです。もっとリアルに言えば、本当の女性の怖さを知らない男たちは、女性の話を聞かないということです。

話を聞いて欲しい女性がいて、その女性の話を聞かなかったらどういう目にあうのかを知らない男は話を聞きません。

裏を返せば、話を聞いてもらえなくても、まあ仕方ないと思って諦めてくれる、やさしい女性が多いということでしょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング