あなたは違う?男からも女からも好かれない「かまってちゃん」の特徴

恋学 / 2014年6月26日 12時0分

先日ある男性から恋愛相談を受けました。どうも彼女が最近「かまってちゃん」になりつつあると言うのです。聞いてみると二人の関係がマンネリ化し、さらに未来に影が差しており、女性はそれが不安でかまって行為に走っていたようです。

やっかいな「かまってちゃん」、私は絶対違うと否定したあなたも、気づかないうちにそういった行為をしているかもしれません。今日はそんな無自覚に変身しがちな「かまってちゃん」に自分が当てはまっていないか、その面倒な特徴を暴きたいとおもいます。

20140626

特徴その1:誰も聞いていないのに私の報告をする

かまって行為の根っこにあるのは、「私の方を向いてくれー!」という欲望です。それが行動となって現れたものが、かまって行為。そのため「私に関心を向けてもらうための自己報告」が、突然多くなる傾向にあるようです。

事例1:めっちゃ太ったからマジで痩せるぞー!!
ここで重要なのは、体重はもちろん宣言しないし、具体的なダイエットメニューを問うと答えが濁ること。「そんなことないよー」とフォローを期待している様子がうかがえます。

特徴その2:頑張ることや大変なことをステータスとして話す

頑張ることは良いことです。会社員の方は頑張りを評価してもらいたいなら、自分からアピールしていかないと気づいてもらえないことでしょう。ですがプライベートの頑張りは、アピールしても正直ウザいと思われがちです。

事例2:今日も残業・・・辛いけど、憧れの仕事だから、ワクワク♪
一番わかりやすい話が残業話です。残業は頑張っている人に共通することではありませんし、仕事をキッチリこなす人から見ると、仕事を要領よくこなせない女として見える場合もあります。

そして残業アピール女子に多いのが、それでも仕事が楽しい! ワクワクする! 頑張りまーす! とポジティブにまとめていること。ただ残業の文句を言うだけだと印象が悪く見えるからだと思いますが、いっそ「残業続きで自分の仕事のやりかたに嫌気がさします。誰かアドバイスください」くらい謙虚なほうが、異性からの同情心も引けるというもの。アドバイスついでに親密になれたらしめたものです。

特徴その3:迷言を口から垂れ流す

SNS、それは別名ポエマー製造機である……
いきなり迷言から始めてみましたが、人はなぜかネットを介すとポエム口調になってしまうようです。良い言葉もたくさんありますが、主に恋愛がらみの名言は、迷言になりがち。

事例3:いつもいつもあなたを待ってるワタシじゃない。でも好き
個人が特定されないように改変して書きましたが、きっとこんな切ないポエムをネット上に綴っている女子は多いはず(実際いました)。

男性なら怖くてかまう気が失せるのが本音ではないでしょうか。切ない気持ちが爆発するのはよくあることです。それは悪いことではありませんが、そこを上手くコントロールして恋を実らせるのが賢い女のなせる技。ポエムは秘密の日記にしたためて、鍵つき引き出しにしまっておきましょう。

精神状態というのはいつも安定している訳ではありません。たとえば生理の前に女性は情緒不安定になってしまい、かまってちゃんに変身する人が多いようです。自分以外を気遣う余裕が少しだけなくなってしまうのでしょうね。

ですが、かまって〜と周りにアピールするのは、ハッキリ言って迷惑行為! そのうえ自分の株も落としがちなので、極力気をつけていきたいですね。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング