男性が本当に好きな「エロカワイイ」は、倖田來未じゃない訳

恋学 / 2014年7月14日 13時26分

「エロカワイイ」の代名詞というと歌手の倖田來未さんですが、男性からすると、彼女は「セクシー」であって「カワイイ」じゃないそうです。また、人によっては性的魅力を全く感じないのだとか……。

男性が、本能を揺さぶられる意味でドキッとさせられる「エロカワイイ」とは、どんなものなんでしょうか?

20140715

男性にとっての「カワイイ」とは?

大抵の男性は、「カワイイ」という言葉を愛らしさだと解釈します。アイドルに代表されるような、若く幼い少女たちはもちろん、どこかあどけなさを残した女性を褒める時に用いるようです。つまり、「カワイイ」の意味合いがそもそも、女性と男性で違うのです。

たとえば、すでに四十路を越えていても、女優の永作博美さんを「カワイイ」と愛でる男性はたくさんいますし、ワイドショーを色々と賑わせても、宮崎あおいさんや蒼井優さんにキュートな魅力を覚える男性も多いのです。顔立ちや表情が実年齢よりも若く、あどけなさがある女性が、男性の目には「カワイイ」と映ります。

そして、日本の男性は欧米の男性に比べて、女性に若さ(幼さ)を求める傾向があり、処女性に神秘を感じやすいという特徴も持っています。

そのため、「エロカワイイ」の「カワイイ」に、男性は処女っぽい可愛らしさを求めてしまうのです。

ギャップに萌える

あどけない愛らしさを漂わせる女性が、見た目とは裏腹にベッドの上で挑発的に振る舞った場合、ほとんどの男性はオスの本能を刺激されます。処女っぽいところ(ウブさ)がそもそも魅力的で、でもその処女っぽさが良い意味で裏切られることに、いっそう「たまらん!」と感じるのだとか。

つまり、見るからにセクシーでフェロモンむんむんの女性が、セックスをするときにガツガツしても、男性は当たり前としか思わないんです。決して「エロカワイイ」とは感じません。

そして、見るからにエロい女性を、男性は尻軽として、むしろ軽視します。一夜限りのお相手と割り切って抱き合うことはあっても、真剣に交際する対象には見ないでしょう。

カワイイ(あどけなく、処女っぽい)のに、エロい!

カワイイ(あどけなく、処女っぽい)のに、エロい!

それが、男性にとって本当の「エロカワイイ」であり、理性を失うだけの魅力だといえます。また、そんな女性を魔性と呼ぶ男性も少なくないでしょう。気になる男性に対しては、可愛らしい声と表情で接しながらも不意に大胆なボディタッチをするとか、良い意味でのギャップを見せると良いかもしれませんね。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング