本当にチャラい男と「誠意のある男」の見分け方

恋学 / 2014年7月17日 15時2分

チャラい男の代表格のようにいわれるホストのなかにも「誠意のある男」はいます。ホストクラブに行けばよくわかりますが、ホストのなかにも誠意のある男はいます。逆にいっけんして誠実そうな男で、じつはヤリ逃げの常習犯という男もいます。

今回は、外見だけでは判断しづらい「本当にチャラい男と『誠意のある男』の見分け方」についてご紹介したいと思います。

さっそく見ていきましょう。

01

お酒の席で相談をするとわかること

お酒の席で相談をすれば、その男性がチャラいだけなのか、誠意のあるひとなのかが、一定の割合でわかることがあります。こういうのはお酒の力も手伝ってか、理屈抜きによくわかります。

ただし、ヤリたいだけの男であっても、非常に親身になって悩み相談に乗ることもありますし、馬脚を現さないためにきれいなお酒の飲み方をすることもあります。

こういうの、女子的に困りますよね。ではどうするのか? が以下。

トイレを見よ!の法則

昔から、新規でお取引する会社がどんな会社なのかを知るために「訪問したらまずトイレをお借りしなさい」という言い伝えがあります。日々、見えないところまできちんとしている会社であれば、「そこそこ安心」してお取引ができるだろうという、営業マンたちの知恵です。

彼の部屋のトイレを見に行くのも方法ですが、それではちょっとおかしいので、「見えないところ」をよく観察してみるといいでしょう。

たとえば鞄の中。誠実な男性は、鞄の中がきちんとしています。ヤリたいだけの男は、ヤルことで頭がいっぱいなので、鞄の中が雑然としていたり、端っこのほうがほつれた鞄を持っていたりします。Yシャツの襟が擦り切れていたり、靴のかかとが磨り減っていたりします。

まれに、ものすごく整理整頓が下手で洋服に無頓着な「誠意のある男」もいて、そういうひとの鞄の中は汚いものですが、そういう男は、先に書いたようにお酒の席で相談をしてみると、だいたい見分けがつきます。

いかがでしたか?

誠意のない男って、たいていが生き急いでいるので、見えないところの細かい部分がおろそかになっています。とにかくヤリたい。以上おわり……みたいな男子……。

お酒の席で相談しつつ、彼の「見えないところ」をうかがってみると、だいたいの「人となり」がわかるものです。

あとの話は、「ヤリ逃げされたらどうしよう」と思いつつビクビクしながら付き合うと、実際にヤリ逃げされちゃうという法則につながっていきますが、とりあえず、「本当にチャラい男と『誠意のある男』の見分け方」は取材した限りにおいて、こんなかんじです。わりとカンタンでしょう?

Photo by Pinterest

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング