政界でも注目の“街コン”! 未婚・少子化対策パネルディスカッションに小池百合子衆議院議員が登場!!

恋学 / 2014年7月19日 8時0分

昨年発足された“婚活・街コン推進議員連盟”。その活動の一環として開催された「池袋七夕コン」は、みなさんの記憶に新しいのではないでしょうか。そして先日、東京ビッグサイトにて開催された『第16回ブライダル産業フェア2014in東京』では、街コンジャパンを運営する(株)リンクバル代表取締役の吉弘和正社長をパネラーとして迎え入れ、未婚・少子化対策についてのパネルディスカッションが行われました。今や政界でも大注目の“街コン”、活発に交わされたパネルディスカッションの模様を今回はレポートしたいと思います!

きれい全員

“婚活・街コン推進議員連盟”ってナニ?

そもそも“婚活・街コン推進議員連盟”って何ぞや? とお思いのみなさんのために簡単にお答えさせていただくと、日本の少子化対策には結婚が不可欠であるという点に着目し、「もっと結婚しやすい世の中に変えよう!」と政府を動かして国民運動を起こそうとしている議員連盟です!

みなさん、他人事だと思っているのかもしれませんが、このまま現状の出生率の水準が続けば、日本の総人口は50年後には約8700万人と現在の3分の2の規模まで減少するそう。しかも! 人口の約4割が65歳以上という『超高齢社会』になってしまうのです。つまり未婚化・少子化対策は急務の一つ! とにかく「婚姻率を上げよう!」ということで、今や政界でも“街コン”が注目されているわけです。

未婚・少子化対策パネルディスカッション

ブライダル産業フェア会場内に特設された一際大きなショーステージにて、婚活・街コン推進議員連盟会長の小池百合子衆議院議員と同事務局長の石﨑徹衆議院議員、そして街コンの名付け親である(株)リンクバル代表取締役 吉弘和正社長の三名による未婚・少子化対策パネルディスカッションが開催。

ショーステージにはブライダル関係や政治に興味のある人たちが100名ほど集まった。傍聴者に話を聞いてみると、「未婚化加速は商売あがったり。婚活・街コン推進議員連盟に期待しています!(ブライダル関係者/女性)」「お客さんが減っているので、何か良いアイデアがないかと思い傍聴に来ました。(貸衣装業/男性)」など、婚活・街コン推進議員連盟に期待する声が!

気になるパネルディスカッションでは、婚活・街コン推進議員連盟の発足経緯からこれまでの活動報告、未婚・少子化対策目標と達成のための取り組み、ブライダル業界への期待と提案がなされた。

中でも会場の関心を集めたのは、未婚・少子化対策の具体的な取り組みの一つ、“街コン”について。下記、三名のコメントをまとめてみました!

●小池百合子氏「私が婚姻届の証人になります!」

婚姻届
 今年5月に制定された“婚活ウェーク(毎年7/7~14)”。実際に私も「池袋七夕コン」に参加して、参加者100名に婚姻届をプレゼントしてきました! 証人欄には直筆で私のサインを……婚姻届を手にしたことで、結婚への意識が強まったのでは。結婚しない人が増えているから少子化が加速しているわけですから、「出会いがない」と嘆いているなら街コンに参加してみてください! 地元開催など、地域活性化支援策の一つとして、もっと全国各地ではたらきかけていきたいと思います。

●石﨑徹氏「アイデア満載の“○○コン”をもっと増やしていきましょう!」

石﨑さん2
 これからは結婚することが当たり前の世の中になるよう、国民が一丸となり、国民運動の一つとして未婚・少子化対策に取り組んでいきましょう! 今日はブライダル関係の方が大勢いらっしゃいますから、独身男女のニーズに直視した“ウェディングドレスコン”などを企画、展開できたら面白いなと思っています。

●吉弘和正氏「未婚・少子化問題に効果的な対策が街コンです!」
 男女2000人の大型街コンですと、1日にして1000人の異性と出会えるチャンスがあります。日本には未婚で出会いを求めている20代~30代が500万人いると言われていますが、その中で街コンの参加者は年間50万人前後。つまり500万人の内、1~2割の方しか街コンに参加していないので、もっと大勢の方に「街コンに行けば出会いがある!」ということを定着させていきたいですね。
 それが未婚・少子化を防ぐための社会貢献の一つになりますし、ブライダル業界でもそこにスポットを当てると、裾野が広がりを見せるのではないかと思います。

吉弘さん語る

客席にはこんな応援団も……

6月に行われた「乃木坂コン」に足を運んでくださった桂由美さんと、おなじみ議連公認キャラクターみあう~あちゃんも客席にて応援。

 桂由美みーあ

お二人とも、どこに行ってもみなさんの人気を集めますね! 撮影リクエストが殺到するなど、会場内でも常に人だかりができていました♪

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング