100年の恋も冷める!? 最悪なデートもステキな時間に変えるコツ

恋学 / 2014年7月28日 11時9分

あなたが理想とするデートは、どのようなプランですか?

「誕生日に夜景の見えるレストランでスペシャルディナー」
「穴場スポットでたった2人だけで楽しむ花火大会」
「記念日にずっと欲しかったリングをプレゼントされて、念願のプロポーズ…」

「一緒にいるだけで幸せ」と言いつつも、やっぱり本命のカレとは充実した時間を過ごしたいものですよね。

そこで今回は、『株式会社ネットマーケティング』が男女30人を対象に行った「これまでに経験した最高だったデート・最悪だったデート」に関する調査を参考に、どんなデートもステキな時間に変えるコツをご紹介します。

20140728

1:相手の好きなことをする

「アウトドア好き」「スポーツ観戦好き」「カラオケ好き」「まったりするのが好き」など、まずは相手の趣味や“好きなこと”を徹底的に聞き出しましょう。どうしても男性の本音が気になるときは「今度○○行ってみない?」「たまには○○してみる?」と直接誘い出してみるのが1番ですよ。

2:自分も楽しめるプランを立てる

相手のことを最優先に考えたデートプランでは、やっぱりあなたが退屈してしまうことも……。カップルが本当にステキな時間を過ごすためには、お互いに楽しめるデートを心がけることが大切です。「絶叫系が好きな男性とディズニー好きの女性」

「コーヒー好きの男性とファッション好きの女性」など、2人の“好き”を掛け合わせると、意外なスポットが見つかるかもしれませんよ。

3:恋人のことを心から想うこと

「デートプランなんて男が考えるものでしょ!」といつも相手任せにしていませんか? 「なんで毎回俺が考えないといけないの?」「文句ばっかり言うなら自分で考えろよ!」と男性にイラっとされているかもしれませんよ。どんなときも、お互いのことを思いやる姿勢を忘れずに!

せっかく用意したプレゼントの反応が薄くてイラっとしたり、長時間の密室デートで会話が続かなくて苦痛に感じたことはありませんか? 今回ご紹介したポイントを抑えるだけで、恋人がビックリするほどデートの質が上がるはずですよ。

(参考元)
【独自調査リリース】恋がさめる瞬間?最悪なデートを最高のデートに変える2つの方法 – 株式会社ネットマーケティング

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング