いつ身体を許すべき?「節操がある」と「身持ちが堅すぎる」の境界線

恋学 / 2014年8月3日 15時29分

「好きな人と早くエッチしたい……」オンナにだって性欲がありますから、ガツガツしたい時はありますよね。でも、あからさまにがっつくとセックスが目的なのかと誤解されるし、あまり頑なに身を守れば、男性の“その気”を萎えさせてしまうはずです。

「節操がある」と「身持ちが堅すぎる」の境界線とはどこか。どのくらいで身体を許すのがちょうど良いのでしょうか?

20140804

3回目、あるいは5回目のデート

デートの回数で言うなら、3回目または5回目に身体を許す女性が多いようです。根拠は、「3~5回会えば相手の気持ちがわかるし、一度は焦らせるから」。

3回目のデートでキスをしてそのまま最後までという意見(3回目のデートまでにキスをするパターンもアリ)と、3回目のデートでキスをして、4回目のデートではあえてお預けにして5回目でエッチ、という意見がありました。

また、社会人が知り合って二人きりで会うようになり、3回デートすると大体1ヵ月くらい経つはずなので、出逢ってからそのくらい経てば「してもいいかな」と思うんだそうです。

ただ、3回目だろうと5回目だろうと、大事なのは「一度はお断りすること」。誘われたからといってホイホイついていく必要はありません。特に、相手が本気かどうかを見極めたいなら、いったんお断りすることは有効的だといえます。

そのため、2回目のデートの帰り際に、男性が何となくホテルへ誘ったり、帰らないでほしいアピールをしたりすれば、3回目のデートでOKするのが賢明です。5回目まで先延ばししなくても良いでしょう。

3回目のデートまでに男性の本心を見抜くべき!

初回のデートでいきなり身体を求める男性は、真剣交際を望んでいるのか疑わしいですね。また、一度お断りした後で急に不機嫌になる人も、よく観察した方が良さそう。「ちぇっ、やらしてくれないのかよ」という露骨な不快感であれば、その後のお付き合いを検討する必要があるかもしれません。

そんな男性の本心も、3回目のデートまでには見抜けているはずです。逆に、3~4回会っても男性がキスやセックスを求めてこない場合、お付き合いそのものがうまくいっていない可能性があります。

男性が真剣に愛してくれているなら、いつでもOK!

初回でも2回目のデートでも、男性が真剣に自分のことを愛しているとわかっていれば、求められるままセックスして良いでしょう。また、男性には「好きなコとならすぐにでもしたい」と考える人がとても多いです。二人きりのデートをする前にちゃんと告白されていて、その言葉に嘘がないとわかっている場合、結婚を前提にしている場合は、駆け引きなんて不要。

逆に、焦らすことで男性に不信感を与えるので、「とりあえず一度は断る」は逆効果と考えるべきです。もったいぶらせたがゆえに、その後のお付き合いがうまくいかなくなる、なんて展開があるかもしれません。

あるいは、初回のデートでも、高いお金を支払ってちゃんとしたホテルを予約してくれるなどという場合、男性が本気の恋心を抱いていると信じて良いでしょう。

バブル時代とは違って、今どきの20~30代男性がデートでお高いホテルを予約するなんて、まずありません。なので、それだけ「真剣に愛している」と受け止めて良いのです。

あれこれ調べて、分析してみましたが、「ここでセックスするべき!」という絶対条件は一つじゃありません。デートの回数やお付き合いのスタートの仕方など、状況に応じた判断が大切だといえますよ。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング