理由はさまざま! 割り勘男性の本音を探る

恋学 / 2014年8月4日 13時0分

「デートの支払いはきっちり割り勘」そんな男性っていますよね。楽しいデートでも、割り勘だとちょっと寂しいと感じてしまう女性もいるのでは? しかし、割り勘にするにはそれ相応の理由があるのです。

そこで今回は男性が支払いを割り勘にしてしまうおもな理由を紹介。割り勘の裏に隠された男性の心理を読めるようになりましょう。

20140801

理由1 ほんとにお金がなくて厳しいの……

格好つけて全額払いたいと考える男性も多いのですが、懐事情によってはなかなかそうもいきません。そこで、恥ずかしい、申し訳ないと思いつつも割り勘をお願いするのがこのパターンです。これは止むに止まれぬ事情ですから仕方ないですね……。

ただ、ほんとにデート代を負担できないほど苦しい生活をしている人はごく少数。男性の生活に余裕がありそうなら、理由2~4を疑いましょう。

理由2 お前なんかにお金は使わないよ!

「渋々デートに付き合ってあげたのにお金まで払わされるなんて納得いかない。せめて割り勘だろう」というのがこれ。また、「どうせ体目的だし、あんまりお金使ったら風俗の方が安くなるな」なんて考えの場合まであります。いずれにせよ、このような理由で割り勘を求めるような男性では今後が不安です。早めに見切りをつけたほうが良いでしょう。

理由3 お金のことはきっちりしておきたい

金銭のやりとりはトラブルのもと。おごったりおごられたりであまり貸し借りを作りたくないというパターンです。「ここは俺がおごるから、あとでコーヒーでもおごって」という変則的な割り勘もこれに含みます。

このような考えの男性は、最初の頃はデート代を全額負担しても、デート回数が増えてくると割り勘に移行することが多いようです。「デート代はつねに全額男性もち」と考える女性には合わないかもしれませんね。

理由4 女性の反応をチェックしてみたい

「おごってもらうのが目的でデートに付き合ったんじゃないの?」とか「おごってもらうのが当然と考えるお金のかかる女なんじゃ……。」なんて心配をする男性は少なくありません。そこで、おごることに抵抗はなくても、女性の反応を見るために割り勘にしようとする男性がいます。

ここで明らかに嫌そうな顔をしたり不満そうな態度をとると大幅な減点。それ以降はデートに誘われなくなる可能性も考えられます。

割り勘の理由は会話から読み取ろう

男性が割り勘を申し出てくる理由はデート中の会話で判断しましょう。まず、理由1に当てはまるかどうかは男性の職業や日々の生活を聞けば、おおよそ想像できるはずです。理由2も会話の反応や一緒にいる時の態度などから冷静に考えれば判別できるのではないでしょうか。理由3と4はどちらも経済的な考え方が要因なので一度で見抜くのは難しいです。ただ、理由3の場合はほぼ毎回割り勘になってしまうでしょう。一方、理由4なら女性の反応さえ確認できれば、次回以降はデート代を負担してくれる可能性大です。

恋学コラム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング