大手町の魅力が味わえる「夏バル」でグルメなご褒美を!

恋学 / 2014年8月5日 6時25分

期間限定で、お得に食べ歩き・飲み歩きができるグルメイベント「夏バル」。8月4日(月)~8日(金)まで、5日間にわたって開催される「Cheers!OTEMACHI 2014夏バル」は、大手町を舞台に9つのビル内の飲食店、計60店舗で特別メニューが堪能できます。

TOP

イベント初日の大手町ビル街を食べ歩き

今回は、始まったばかりの大手町「夏バル」をレポート。“専用マップ”を片手にビル街を食べ歩きしました。まずは受付場所である、大手町タワー(OOTEMORI) B2F プラザへ。ここで、チケット(4枚綴り)と店舗情報が掲載されているマップを入手して、いざ出陣!

ちなみに、チケットは当日券:3500円もありますが、web限定:3000円でも販売中!だと、500円お得ですよ! 気になる方は、こちらをチェックしてみてください。

さて、マップを頼りに訪れた最初のお店は「東京サンケイビル」内にあるフレンチビストロ『bistro Lyon』。

ライオン外観

チケット1枚で、1フード&1ドリンクが注文できるので、店長オススメの「一口カナッペ」とフランス産のグラスワインをチョイスしました。カナッペは、鶏の白レバーと豚のリエットがペースト状になっていて薄く切られたフランスパンとの相性もバッチリ! 手作りのペーストはクセがなくて食べやすいですよ。

ライオンご飯

ほかにも、産地直送の新鮮な野菜を使った「自家製ピクルス」や、日によって食材が変わる「おつまみピンチョス」など、気になるメニューがいっぱい。フランスの片田舎をイメージした店内も居心地が良かったです。

二軒目は「大手町フィナンシャルシティ」の『noodle & cafe ASIAN LEAF』へ。

AIANREAF TOP

アジア系ダイニングカフェのこの店では、夏バル用の特別メニューである「アジアン手羽唐」とモヒートを。

アジアン ごはん ASIAN ドリンク

手羽唐は、インドネシアの調味料を使った一品。甘辛くて、ちょっぴり酸味が効いているソースはクセになりそう。手づかみでかぶりついちゃいました(笑)。アジア各国の輸入ビールをはじめとしたドリンクも充実のラインアップ。

そして、次に訪れたのは「大手町ビル」の中にある『DRUNK BEARS』。

drunk外観

にぎやかな店内で働くスタッフの方は皆さん活気があって、誰でも気軽に入れる雰囲気がとても素敵です。夏バル初日の当日は、男同士や男女混合はもちろん、女性だけのグループも何組か来店したそうで、いつもより女性のお客さんが多いとのこと。変に気取らず美味しいお酒と料理を味わえるところが、このお店の特徴ですね。ビールセットの生ハムも絶妙の塩加減でビールにとっても合います。

drunkごはん

また、別料金になってしまいますが、ピーナッツを頼んだ場合、シンガポールの某高級ホテルのバーのように、殻を床にポイッと捨てるのが店の決まりごと。子どもの頃だったら絶対親に怒られてしまうような行為を「やってもいい!」と言われると、やりたくなっちゃいますよね。床に殻を捨てるという何とも言えない罪悪感。結構気持ちいいです(笑)。

最後は、受付場所がある「大手町タワー(OOTEMORI)」の『赤坂ちびすけ』です。

ちびすけ

美味しい一口餃子とハートランドビールが楽しめるお店。ビールと餃子はたまらない組み合わせですよね。焼餃子は、琉球島豚「今帰仁アグー」を100%使用した“ちびすけ”と、おろしポン酢でさっぱりと食べられる“おろぽん”のどちらかが選べますよ。餃子好きの人は、ぜひ行ってみてください!

いろいろな楽しみ方で「夏バル」を満喫!

今回は一人で食べ・飲み歩きをしたので、各店舗1品ずつしか食べられませんでしたが、夏バル限定メニューが何品かあるお店はグループで行くと、たくさんの料理が楽しめていいかもしれませんね。どの店もソフトドリンクを用意しているのでアルコールが苦手な人はご安心を。

4枚綴りのチケットは使い方が自由。私は1日で全部使い切りましたが、参加者の中には「1日1枚使って、4日で4店舗回ります」という楽しみ方をする人も。皆さんも自分のスケジュールに合わせて「夏バル」を満喫してみてはいかがでしょうか。大手町界隈で働いている人は、近場だからこそ意外と気付かない店を発見したり、普段オフィス街に縁がない人も、このイベントをきっかけに大手町の魅力を味わってみては?

まだまだ間に合いますので、
↓↓↓興味がある方はこちらをチェック!↓↓↓
  natubal

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング