女子にエッチな気分になってもらうために「男子が努力しているコト」4選

恋学 / 2014年8月26日 12時30分

言うまでもなく男子はエッチするまで相当たくさんの努力をしています。やっとコトが始まるころには青息吐息だということもあります。

今回は何人かの男性に「女子にエッチな気分になってもらうために、男子が努力しているコト」について教えていただきました。

一張羅のパンツを穿いて家を出て、長い長いデートの終わりに「コケた」のでは話にならない男子は、いったいどんな努力をひそかにしているのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

20140826

1:女子好みの缶チューハイや缶のカクテルを熟知しておく

「ぼくはお酒が飲めないんですが、彼女は飲めます。彼女にエッチな気分になってもらうために、ぼくは飲みもしない女子好みの缶チューハイや缶のカクテルを熟知し、買い置きをしています。缶チュウハイはもう1ダースも冷蔵庫に入っています」(24歳・IT)

酒の力で……というのは定番かもしれませんが、下戸の男子がこういう努力をするというのも、ちょっと大変ではないでしょうか。

2:「立派な胸だねえ~」

「意中の彼女をその気にさせるために、ちょっと下ネタチックな方向でガンガン彼女を褒めます。『立派な胸だねえ~』なんて序の口で、脚や腕、腰、指、爪……もうどこだって褒めます」(25歳・広告)

口が達者な男性で、かつ、あるていど下ネタを言い合える仲であれば、男子は女子好みの缶チューハイや缶のカクテルを熟知しておくことなく、口ひとつで勝負するということでしょうか。非常に安上がりですよね。

3:気の利いた音楽を探している

「ムーディーな音楽を流しつつ彼女にその気になってもらいたいのですが、探してもなかなか見つかりません」(28歳・出版)

80年代に世界的に大流行したA.O.R.や、定番のジャズなどを部屋に流しつつ彼女にその気になってもらいたいということだと思いますが、時代も流れて、この手の音楽を探しきれない若い男子も多いのではないかと推測します。

4:「ドラッグストアに寄っていく?」

「エッチの最中に下着がシミになったり、お泊りデート翌日におなじ洋服で出社するのがイヤな女子って意外と多くないですか?

ぼくは彼女にエッチな気分になってもらうためにデート終わりに『ドラッグストアに寄っていく?』と聞きます。下着もシャツもそれなりに売っているからです。エッチのあとの彼女の心配事を先回りして解消しておこうということです」(27歳・IT)

ドンキ行く? も「エッチ」の淫語ってことになるのかもしれません。

いかがでしたか?

彼女にエッチな気分になっていただくための男子の涙ぐましい努力! たまにはその努力を買ってあげてはいかがでしょうか。

Photo by Pinterest

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング