エロがあるから生きてける!性欲と生命エネルギーの関連性

恋学 / 2014年9月6日 11時0分

男性であろうと女性であろうと、三大欲求の呪縛からは生きている限り逃れることができません。特に持て余し気味なのが性欲です。

日本人は世界的に見てもセックスをしない民族で、そのために子供もガンガン減っています。セックスをしない=子供が生まれない=国民1人あたりの総生産力がどんどん低くなる、という負のスパイラルが何年も問題となっていますが、それも仕方がないことかも知れません。

この国では子供たちに早くから避妊の重要性や性に対する純潔に偏りすぎた観念を推奨しすぎたあまりに、そのせいで国力が低下している面が否めません。

そりゃあセックスするにも相手を慎重に選ぶのは重要ですが、行きすぎて現在のような状況になったことは紛れもない事実。
もう少し性に対して開放的な人が増えたって、筆者は全然構わないと思うわけです。

そこで今回は、内向きの篭った性欲に対する考察ではなく、本来性欲というものはこんなに素晴らしいものであるんだという、外向きの考え方を仏教世界から引用してご紹介したいと思います。そもそも人間が生きていく上でも欠かすことの出来ない生命エネルギー、性欲。性欲が一体どれほど私たちの生活を支えているのかを考えていきましょう。

エロがあるから生きてける! トップ

生命エネルギーの根源にエロあり!

仏教世界では古くより性欲が根底にあるから、人は生命力に溢れた生き方を謳歌出来るという考え方が存在していました。生命エネルギーのことは、クンダリーニと呼んでいたそうです。

卵が先か鶏が先かという話になるのですが、ともかくクンダリーニがあるから人は性欲を発散するために奮起出来て、性欲があるからクンダリーニも充実しているという考察もあります。男性の場合は恋愛とは性欲に対する一種のアンサーであったりするわけですが、これもまたクンダリーニのなせる業なのかも知れません。

クンダリーニは体内で発生するわけですが、尾てい骨付近にチャージされているとされており、場所が場所だけにクンダリーニが強力な人は生殖器官に影響を受け、性欲もまた強まるといいます。やたらと性欲が強い方はいるものですが、そうした方々は仏教的世界観で当てはめれば、常にクンダリーニが充実しているということになるのです。

エロがあるから生きてける! 本文

クンダリーニを上手に制御すれば、ポジティブな恋愛を楽しめるようになる?

ヨーガという修行があります。

ヨーガは元々古代インドで発祥したもので、瞑想によって精神を統一するために重宝されてきましたが、最近では姿勢と呼吸を整えることで健康を維持する目的でも普及しています。

このヨーガの修行を進めている人々の中には、チャクラを活性化させることを目的とした方もいるようです。チャクラとは分かりやすく言えば霊的エネルギーの中継地点に当たり、体の各所に設けられているとされているのですが、これを活性化させるのはなかなかに難しいようです。

クンダリーニはそのチャクラを少しずつ活性化させる効果があるとされていますが、つまり性欲をはじめとする各種の生きる上での活力を、体内に充満させる効果があるということでしょう。生まれつき性欲が強い方は、言い換えれば常に新鮮な生命エネルギーが全身を駆け巡っていることも多い、ということでしょうか。

今回のまとめ

性欲が他人よりもちょっと強く、そのために色々と苦労しているという方は案外多いようです。医学的見地からすれば、そうした方々は何らかの精神的な病気であるということにされがちですが、実際には病気なんかとは正反対の、超絶健康体である可能性もまた、仏教世界は示唆していることを知っておきたいところ。

積極性は恋愛においても非常に大切なものですし、修行なんて特にしなくとも、全身にみなぎるクンダリーニを意識して生活しさえすれば、人生はもっと素敵なものになるのではないでしょうか。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング