好きでも疲れる!LINEで異性と連絡を取り合うときの中だるみ、こう対処せよ!

恋学 / 2014年9月13日 11時7分

便利な無料通話アプリが増えてきました。
LINEなどはその代表例と言ってもいいほど普及していますし、職場関係や友人たちとのグループトークで積極的に利用している方も大勢いらっしゃいます。無料で通話できるしチャットも可能という、なかなかの万能ツールですので、恋人同士でのやり取りにも最適。恋人同士のみならず、意中の異性とのチャットのために使っている方だって少なくないことでしょう。

かく言う筆者もまたそんな1人。
未だにしっかりと使いこなせてはいないのですが、おぼつかないながらも毎日のように重用しています。ただ、好きな相手とのチャットとは言え、長く話しているとネタだって尽きてしまうし、そちらにばかり注意が行くと他のことに手もつかなくなりますよね。ただただ時間を浪費するばかりで、どうでもいいようなやり取りを長時間続けるというのは、お互いの仲を深める効果こそあるかも知れませんが、これを毎日こなすのはとても無理です。

でも実際にはそうした不毛なやり取りを毎日、ただなんとなく義務的に繰り返しているという方もいるはずで、LINEそのものが億劫になりつつある状況に悩んでいるということもあるでしょう。

そこで今回は、こうした言わばLINEを使って話をする上での中だるみを、相手に嫌な思いをさせずに解消するための方法を考えてみたいと思います。

好きでも疲れる! 本文

解消法1 嘘をつく

乗っけから不誠実ですが、チャットなり通話なりに疲れてしまったら、「ちょっとお風呂に」とか「ちょっと買い物に」というように中座する理由を用意して一時中断するのも悪くありません。

そもそもPCからにせよスマホからにせよ、LINEを使っていると液晶画面に目を奪われることとなりますし、度が過ぎると眼精疲労の要因になってしまいます。

適度な休憩は非常に重要です。
さあ、嘘をついてでも時折休憩を挟むことと致しましょう。

解消法2 疲れたと言う

LINEに限らずですけど、「ああ、いい加減疲れたし眠い」と感じた際に、それを自分から宣言すると相手に「興味ないのかな?」と思われることを恐れる方もいるはず。

かと言ってこうしたときに「疲れてない? 眠くない? 無理しないでね」と言うと、相手は大抵「大丈夫だよ」と目眩がするような返事を寄越して来やがりますよね。そうなるとまさに泥沼、相手もきっと疲れてるのに、お互い次の一手を出す様子を窺う変な空気になっちゃうものです。

だからこんなときは、「ごめん、明日も早いからそろそろ寝ようかな」と自分から切り上げることにしましょう。それで文句を言う人はまずいませんし、いたとしたらその程度の相手だから見限ることができてむしろ好都合です。

解消法3 もう、いっそ会う

チャットが手間。だけど相手は好き。
そう思いながらダラダラとLINEで繋がり続けるのなら、近場である場合はいっそのこと会っちゃいましょう!

その方が指も目も疲れませんし、何より幸せを感じることができるはずですし、一石二鳥です。

今回のまとめ

どんなに話の引き出しが多い方でも、チャットを何時間もやってればすぐにネタ切れになり、疲れるもの。便利すぎる通話アプリの、これは罪な部分ですね。そんなときに無理して話を繋ごうとしても、特に何も生まれないことがほとんどです。

恋愛というのは無理をしたり背伸びをすると自分がどんどん追い詰められてしまうものなので、頃合いを見計らって、どんどん中断してしまいましょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング