かわいい年下の彼氏とうまく付き合うための恋愛レッスン3選

恋学 / 2014年9月16日 2時0分

「はじめて年下の彼氏と付き合ったから、どう対応したらいいのかわからずに困っている。」「年下の彼氏ってかわいいんだけど、ちょっとしたことで怒っちゃったりして…」そんな年下の彼氏に手を焼いているお姉さまたちへ、年下彼氏の取り扱い説明書を3つご紹介します。

かわいい年下の彼氏とうまく付き合うための恋愛レッスン3選

1、持ち上げるところは持ち上げる

彼氏が年下といえども、「男性」ということに変わりはありません。男性は女性よりプライドが高い生き物ですから、やはり女性より優位に立ちたいという願望はあるもの。そんなときに、年上の彼女からプライドをへし折られるようなことを言われたりすると、ショックを受けてしまいます。

失敗したことがあっても、「いつもできないんだから」や「何をやってもだめね」といったことを言うのではなく、「次はきっとできるよ」や「〇〇くんなら、大丈夫!」といったポジティブな言葉をかけて、信頼していることを伝えてあげましょう。それが彼の自信につながるはずですよ。

2、年下彼氏には2パターンいることを知る

年下の彼氏には2パターンあります。「彼女は年上じゃないといや」と思っている人と、「彼女の年齢にはこだわらない」というパターン。前者はいわゆる年下のお姉さまが大好きで、甘えるのが大好きなボーイタイプ。後者は、交際に年齢の制限を求めない自由きままなタイプといえます。

彼がどちらのパターンなのかを知ることで、彼が甘えたいベタベタくんなのか、それとも自由でオープンな交際を望んでいるのかが見えてきます。

3、大人の女を振る舞ってあげる

年上の彼女と交際をしているなら、なにかしらのメリットがあるだろうとたくらんでいるのも、年下の彼氏。1~2歳差ならまだしも、それ以上年齢が離れているのであれば、彼はあなたに「大人の女性」であってほしいと思っているでしょう。

彼の誕生日プレゼントやデートでは、大人の女性らしさが伝わるサプライズを用意してあげましょう。「やっぱり彼女はすげぇ。」と驚かせてあげてください。無理に背伸びをしなければいけないわけでありません。しかし、年齢が違うと行動や考えも変わるもの。その違いを楽しめるような2人になれたら、楽しく交際を発展させていけるのではないでしょうか。

いかがでしたか?
「恋に年齢は関係ない。」という言葉が聞こえてきそうですが、どこかで意識してしまうものです。ご紹介した3つのテクニックを使いながら、年下のかわいい彼氏をコロコロと転がしてあげましょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング