男子が気になる女子に「口説いてほしい」と感じている4つの状況

恋学 / 2014年10月2日 15時0分

さて、今回は街コンや合コンにおいて、男性はいつ口説いてほしいと思っているのか? について見ていきたいと思います。

さっそくご紹介しましょう。

09

1:他の男子と仲良くしている女子の姿を見たとき

「気になる女子が他の男子と仲良く喋っている様子を見たとき『俺のこと、口説いてよ!』と思います。僕から口説く勇気がないので『口説きたい』ではなく『口説いてよ!』と思うのです」(27歳・IT)

女子の願望を打ち砕くようで恐縮ですが、口説く勇気がなく、口説いてほしいと願っているのが男子ということです。他の男子と仲良く喋っていたら嫉妬心に火がついて、「口説いてほしい」と必死に願うのでしょう。

2:酔ったとき

「僕は酔っ払うと口説いてほしいなあと思います」(25歳・運送)

男性で酔っ払ったときに口説いてほしいなあと思っている人って、わりと多いと思われます。だからキャバクラが不景気でも儲かっているわけでしょう。酔っ払ったら誰でもよくなるのか、淋しさが溢れてくるのか、なんなのか……? 男の数だけ答えがあると思いますが、街コンや合コンでは、女子から口説くなら、酔い始めた頃の男子が「狙い目」と言えるかもしれません。泥酔したら、男、覚えていないことのほうが多いので……。

3:自分から告白して付き合ったことが多い女子と判明したとき

「気になる女子と喋っていて、自分から告白して付き合ったことが多い女子だと判明したら『俺のことも口説いてくれないかな』と思います」(27歳・広告)

男子って、「女子を口説くしんどさ」を身をもって知っているので、少しでも楽をして意中の女子を手にしたいと常々思っているということでしょう。男子に好意的にコメントするなら、誰だって選ぶしんどさではなく、「選ばれる晴れがましさ」を感じたいよね……ということでしょう。

4:笑顔がめちゃかわいいとき

「笑顔がめちゃかわいい女子に出会ったら口説いてほしいと思います」(28歳・営業)

男子は女子の笑顔を「ものすごく」勘違いして見ています。俺のことをすべて受け入れてくれる人=笑顔の女子……と思っているということです。

いかがでしたか?
男子の数だけ「口説いてほしいと思っている状況」があると思いますが、ポイントは「男子が口説ける隙を見せつつ」「女子から口説いてみる」ということではないかと思います。
好きと言うのは、なにも恥ずかしい行為ではないので……というのは正論ですが、正論の通りにコトが運べば、誰も苦労しないと言われたら、まあそうかなとは思いますが……。

Photo by Pinterest

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング