生唾ゴクリ…!オトコを最高に興奮させるためにできること(聴覚編)

恋学 / 2014年10月6日 12時20分

エッチは大好きな人と愛情を深めるための、大切なコミュニケーションの1つ。でも、いつも同じような会話をしているだけでは、正直飽きてしまいますよね。

そこで今回は、オトコを最高に興奮させるためにできること(聴覚編)をお送りします。こっそり実践して、彼をドキッとさせてみてはいかがですか?

20141006

1:「あぁん」「いやぁ」「もっと」を使い分けろ!

「彼女の超エッチなベッドトークに、もうメロメロ…」(20代後半)

思わず気持ちよくて出てしまう「あぁん…」などの快感系はもちろん、「いやぁ」「ダメ」などの否定形、「もっと動いて」「もっと奥がイイ」などのリクエスト系など、さまざまなベッドトークを用意しておくことが大切です。エッチの状況に合わせて使いこなせば、彼を最高に興奮させることができますよ。

2:キスの音は大げさに出すべし!

「耳にディープキスされると、最高にドキッとする」(30代前半)

うっかり見落としがちなのが、キスの音。「チュッ」と軽く唇を重ねるフレンチキスもイイですが、やっぱり愛情たっぷりのディープキスが1番。口の中に唾液を溜めて、耳元でジュルジュル……! 彼の反応を見ながら、ちょっと大げさなくらい吸いこんでみて。

3:エッチな音がしたら、恥ずかしがるべし!

「恥ずかしがる彼女を見ていると、もっとイジメたくなっちゃう」(30代前半

愛撫や挿入時の「クチュクチュ」「グチュグチュ」といういやらしい音……。男性のほとんどは、女性が恥ずかしがる姿を見ると「もっと攻めたくなる」とちょっぴり恥ずかしそうに話していましたよ。「○○ちゃんからエッチな音がするよ」なんて言葉攻めされたら、可愛らしく恥ずかしがることを忘れずに!

男性はちょっぴり大胆な女性とのエッチに燃える傾向があるようです。恥じらいを忘れないことは大切ですが、たまにはあなたがリードしてもいいのかも!?

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング