相手を気持ちよくさせる!断り上手の秘訣

恋学 / 2014年10月7日 1時5分

男性から食事やデートに誘われたけど、この人苦手、タイプじゃないし、と思って誘いを断る場面って、みなさんも一度はあるはず。そんな時、みなさんは相手の気持ちをちゃんと考えていましたか? 行きたくないから、苦手だから、と、意外と自分のことばかり考えていませんでしたか?今回は、そんな場面で相手を不快にせず、むしろ気持ちよくさせてしまう断り方の秘訣をみなさんにお伝えしたいと思います!

相手を気持ちよくさせる断り方

世の中に存在するすべての男性の自尊心を傷付けてはいけない。

まず、基本の考え方としてはこれ。そして私は、「どんなにバカな男でも、どんなにむかつく男でも嫌な人でも、絶対に相手の男性の自尊心を傷付けてはいけない」というルール、鉄則をつくっています。それと、自分から相手との関係性を絶たないことも決めています。

人間関係の中で、わざわざ自分から相手との関係を断ち切る、という人が多くいると思います。でも、フェードアウトになることはよくあるだろうけど、別れました、とか聞くと、別れる必要ないじゃんって思うんです!

人間関係を継続するということを意識する!

私は常に相手との人間関係を継続するということを意識しています。どんな場合でも、相手を不快にさせないということは大事。ネガティブな表現で断らなければいけない場面ってどうしてもあるものです。相手を不快にしちゃいけないけど、かと言って嫌なことはしたくないから自分の意思は伝えないといけない。

そんな時は、相手の感情を不快にすることなく、自尊心を傷付けることなく、まずは申し出に対しては「ありがとうございます」と謙虚に受け止める。そして、自分の気持ちを相手にしっかりと伝えるということがとても大切です。

 

伝えるときは躊躇せずに。

誘いをお断りするときは、相手の目を見てはっきりとした口調で「お断りします」と言い切りましょう。

でも、ネガティブな表現をしたら、すかさずポジティブな表現(笑顔と声のトーンと言葉)をするのがポイント! 最高の笑顔と声のトーンと言葉で「また誘ってね」と言いましょう。私はあなたとの関係性を継続したいと思っています、というメッセージを伝えるのが断り上手のポイントです!そしてそれはつまり、「相手との人間関係を継続させる上手」のポイントでもありますね☆

 

相手との関係性はちょっとした工夫で。

ちょっとした工夫で一人の人との関係性が膨らむこともあります。ほとんどの場合は初期の段階でプツッと関係を切るという選択をすることが多いと思いますが、それってすごくもったいないなと思うんです。

ちょっとした工夫で相手との関係性を膨らます方法。それは、ほんの少しの忍耐と、上っ面の「ありがとう」。後々その人がすごく仲良しになるかもしれません。もしかしたら、ビジネスチャンスをくれる人かもしれません。そう考えると、関係性を切る必要はないし、相手を不快にさせる必要もないですよね?

内側の自分は相手に見せない。

この人合わないかも、ちょっと苦手だな、などと思っていても、あくまでも、内側は自分の問題。外側はポジティブに見えるように工夫と努力をすれば、相手を不快にさせることなくいい関係を続けられるはず。せっかく出会った方とは、自分にとっても相手の方にとっても、気持ちの良い付き合いができればいいですよね!みなさんもぜひ今回紹介したポイントを意識して、男性と関わってみて下さいね☆

 

<<おかざきななセミナー情報>>
男社会に疲れた女子へ…、女はおんならしい人生の生き方があります!
53歳、生涯現役!おかざきなな「大人の色気セミナー」 詳しくはこちらから。
⇒http://goo.gl/1luvLG

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング