恋愛のメンタルブロック解除! Love Diversity恋に国境は無い!?

恋学 / 2014年10月16日 1時0分

インターネットや航空技術、金融技術の発達により、お釈迦様の時代とは異なり、国境を越えた情報や人、お金の移動が非常に簡単にできるように現代社会はなっています。そのような中、日本社会は少子高齢化の波に今後さらにのまれていきます。コンビニやレストランには外国人のスタッフが溢れかえり、不動産のオーナーも外国人というのも珍しくは無くなってきました。外国人参政権も古くて新しい論点として活発に議論がなされています。TTPの交渉結果によってはさらに国境を越えたビジネスの渦に巻き込まれていくしょう。

そういう時代に大切なのは、異文化を拒絶するのではなく、多様性を尊重しながら生活し、Diversityを受け入れていく価値観です。お釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れた釈迦女子(しゃかじょし)としては、そのようなDiversityを恋愛という意味でも許容していく姿勢を持つ必要があります。

2014100301

恋愛もグローバルに

恋した彼の母親は中国人、韓国人だった。そういうシチュエーションに遭遇する方も今後増えてくるのではないでしょうか?
外国で育った方というのは、生活習慣、教育含めて育った環境が日本で育った人とは当たり前ですが、異なります。ですから、「日本で普通、当たり前と思っていることが、相手にとっては当たり前ではない」ことも多いです。
グローバルに恋愛をすると、

 ・当たり前と思ったことが当たり前ではないことに気づく
 ・その上でお互い尊重し合うにはどうしたら良いかを真剣に考える

ことが求められます。
まさに恋愛力の修行ですね。

2014100303

 

恋愛のメンタルブロックをはずす

また、言葉も大きな意思疎通の阻害要因となります。お互いに第二外国語同士、もしくは、片方が母国語の場合、日本人同士に比べてかなり意思疎通という意味で工夫をしていく必要があります。

好きな人のために、お互いが、自分自身の大切な部分をぶつけあい、
お互いに尊重し合うように変革していく
様々な困難を乗り越えるからこそ、本当の心の絆を得られることもあるでしょう。

最終的に日本人同士の良さに気づくこともあるでしょう。
あなたの恋愛の幅を広げ、これからのグローバルな時代を生きていくために恋愛のメンタルブロックを少しでも外していけるよう、グローバルな恋愛も修行の一貫として取り入れてみるのも良いと思います。

2014100302

また次回お会いしましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング