二度見間違いなし!? オトコを最高に興奮させるためにできること(視覚編)

恋学 / 2014年10月21日 15時0分

大好きな人とのエッチは、やっぱり男性もドキドキするもの。普段のデートでは決して見ることのできない「おしり」や「おっぱい」「素足」を見るだけで、興奮してしまうといいます。

そこで今回は、オトコを最高に興奮させるためにできること(視覚編)をお届けします。

8192049367_edede38a30_o

1:できるだけ暗い部屋でエッチすること

「お風呂もエッチも、薄暗い部屋の方が興奮する!」(20代後半)

いつも見られない彼女の裸や表情をじっくり見たくて、明るい部屋でエッチしたい人もいるようですが、ほとんどの男性は暗い部屋の方が気持ちが盛り上がると回答! 薄暗い、もしくは全く見えないくらい真っ暗な部屋の方が、聴覚や触感がとっても敏感になるんだとか。次にどこを攻められるか分からないドキドキ感がクセになるかもしれませんよ。

2:なるべく全裸は見せないこと

「想像していた体型と違ってガッカリしたことも…」(30代前半)

本番に入る前には、お互い裸に…という一般的なエッチもいいですが、男性は下着だけ付けた女性をちょっと強引に攻めたり、恥ずかしげに胸を隠している彼女の姿を見るとドキっとするそう。

交際後も体型をキープする努力を惜しまないことは大切ですが、バストやヒップに自信がない女性は、あえて全裸を見せない方が男性に喜んでもらえますよ。

3:こっそり着替えること

「いつまでも恥じらいを忘れないでほしい」(30代前半)

行為後に「下着どこ?」「洋服取って!」なんてズボラな一面を見せていませんか? これではせっかく盛り上がったエッチが台無し! 恋人の前では、もっと恥じらいをもって接することが大切です。裸で部屋をウロウロ…なんてもってのほかですよ。心当たりのある女性は、今すぐ改めた方がいいかも!?

 

ちょっとした心がけで、いつものエッチが何倍もドキドキすること間違いなし! 最近マンネリ気味のカップルは、一度実践してみてはいかがですか?

 

(取材協力)
※ 20~30代の独身男性

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング