ドキドキ…!ぶっちゃけ欲情しちゃう「女友達」の特徴3つ

恋学 / 2014年10月27日 7時0分

付き合いが長くなるにつれて、どうしても恋人への関心は薄れてくるもの。でも、彼氏が「女友達」に色目を使っていたら…! どんなに深い信頼関係ができていても、イラっとしてしまいますよね。

そこで今回は、男性がぶっちゃけ欲情してしまう女友達の特徴をリサーチ。あなたの周りにこんな女性がいたら…こっそり“バリア”しておいた方がいいかもしれませんよ。

20141027

1:ボディタッチが多い女

「彼女にバレないように足を絡ませてきた女友達に超興奮した」(20代後半)

恋人になってからも、仲良しグループで行動することの多いカップルは、女友達のタチの悪いアプローチに要注意! あなたが見ていないところで、足を絡ませたり、手を握っていたり…なんてことが実際にあるようですよ。男性は「やってないけど、手に入りそうな女」に、本能的に惹きつけられてしまう生き物です。油断せずに、彼の様子をじっくり観察しておいた方がよさそうですね。

2:言葉巧みに彼氏を褒める女

「仕事やルックスなど、褒められるとその気になっちゃう」(30代前半)

付き合う前までは「オトコらしい」「素敵」「好きになっちゃう」なんて褒め言葉を使っていたはずなのに、いざ交際がスタートすると忘れてしまいがち…。そんなとき、女友達に「カッコいい」「私のタイプなの」と声をかけられると、妙にドキッとしてしまうとか。出会いの場に慣れている女性は、男性がコンプレックスに感じているところや、仕事のことを言葉巧みに褒める傾向があるので、同席する際は十分気をつけてくださいね。

3:浮気しそうな女

「彼女に内緒でこっそり会っても、罪悪感がなさそうだから」(20代後半)

本当に好きなのは彼女だけど、やっぱり他の女性とも関係を持ちたい…。そんなときセフレになりやすいのが、浮気しても平気そうな女友達だといいます。思わず「へぇ~」と納得してしまいましたが、どちらも許し難い存在! 男性とは「今すぐ別れるべし」、女性とは「縁をきるべし」ですね。

残念なことですが、男性には“自分のものではない女性”が魅力的に見えてしまう瞬間があります。色目を使うくらいなら…と放置しておくと、いつの間にか彼は友人のものになっているかもしれませんよ。

(取材協力)
20~30代の独身男性

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング