デビルなあなたとついに対決 釈迦女子の秘技!恋のポジションチェンジ

恋学 / 2014年11月13日 7時0分

「デビル」なあなたと向き合ったことがありますか?「良心」という言葉がありますが、「仏のような心を持ったあなた」と「まさに煩悩まっしぐらなデビルなあなた」がいます。
仏教でも十善戒などと言われて、欲・怒り・無教養といった煩悩に毒されないような教えがあるくらいですから、お釈迦様も「人間の持つ2面性」に早くから気づいていたのでしょう。
さあ、今回もお釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指しましょう。

あなたにも仏、デビル2つの自分が!?

2014111301

どんなに「できた人」であっても、自分自身の中にはデビルが潜んでいます。
そのデビルを無視する人、押さえつける人・・・いろいろな対応をしている方が現実世界ではいます。
それでも、どんなに綺麗に着飾ったとしても、心の闇というものとは、定期的に向き合っていかなくてはならない、、、人間界が修行の世界とされるわけですね・・・。

どちらも自分

当たり前のことですが、デビルも仏もあなた自身です。環境、ストレス、周りで影響のある人など様々な要因が重なって、心がデビルに傾くことも、仏に傾くこともあります。
どちらもあなたであるが故に、人生通じてずっと付き合っていかなくてはならないパートナーでもあります。

20141113

恋のポジションチェンジでデビルなあなたも味方に

ポジションチェンジというのをご存知ですか?
以前ご紹介したNLPの技術の1つです。慣れてくれば、1人で居る時に、いつでもトライできます。さあ、さっそくポジションチェンジを始めましょう。

今回は簡単な3ステップをお伝えします。
ステップ1:簡単な恋に関する質問を作りましょう。
   ・最近彼が冷たいのはなぜだろう?
   ・最近なんだか恋が盛り上がらいのはどうしてだろう?
   ・もっとより良い恋にするにはどうすれば良いんだろう? など
あなたが悩んでいたり、考えるきっかけになるような質問が良いと思います。

ステップ2:「デビルのあなた」の立場から恋愛について考えてみましょう。
質問に「本音、あまり善人ぶらずに、率直に」考え答えてみましょう。
他人からどう思われるかなど関係無く、あなたの率直な心の声に耳を傾けるイメージです。

ステップ3:「仏のあなた」の立場からステップ2の回答・意見について考えてみましょう。
次は、「仏のように大きな心から、良い恋愛に導くための先生」になったつもりで、先ほどのデビルな自分の回答について考えてみましょう。
ここでのポイントは「デビルの言うことはダメだ!」というのではなく、「デビルの言うことを理解した上で、でも、良い恋愛に導くにはどうしたらよいか」を真剣に考え、デビルの自分にアドバイスをするということです。

この簡単な3ステップを繰り返すことで、「デビルのあなたが根本的に求めているもの、そして、それを認めた上で、良い恋愛に向かうためにはどうすれば良いか」
を自分自身で考えられるようになってきます。
まさに、デビルも仏もあなた自身、内なるあなたの二面性を受け入れるためのきっかけになる、そんなスキルです。
慣れてきたらもう少しポジションを増やすとより効果的なのですが、それは別な機会にお伝えしますね。
まずは簡単なバージョンでぜひトライしてみてくださいね。

2014111302

また次回お会いしましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

 

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング