【ディズニー 一大ニュース!】今後10年間で両パークのエリア拡大へ! 過去最大5,000億円の追加投資でパークが進化を遂げる!

恋学 / 2014年11月3日 11時0分

先月30日(木)、ディズニーファンは腰を抜かしそうな、ビックリするニュースが出ましたよね! それは東京ディズニーランド、そして東京ディズニーシー、両パークの大規模な開発構想! あくまで構想段階だそうですが、これがすべて実現すれば、東京ディズニーリゾートは壮大なスケールで進化を遂げます。「恋学」編集部でも、イメージ図などをご紹介しましょう!

東京テ゛ィス゛ニーラント゛「ファンタシ゛ーラント゛の再開発」(イメーシ゛)

 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、すでに今後10年間(2015年3月期~2024年3月期)、テーマパーク事業に約5,000億円の投資を行うことを発表済みで、今回は約5,000億円の投資の内訳が判明! それは、東京ディズニーランドでは「ファンタジーランドの再開発」、東京ディズニーシーでは「新テーマポートの開発」という、両パークにおいて大規模な開発構想を行っていくというプランだった!

東京テ゛ィス゛ニーラント゛「ファンタシ゛ーラント゛の再開発」エリア

 

 東京ディズニーランドの「ファンタジーランドの再開発」は、現状のファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張する大規模なエリア開発。実は開発構想の具体化に向けた作業が始まったそうで、この構想では、現在のファンタジーランドの刷新に加え、拡張するエリアへ複数の大型アトラクションやレストラン、ショップなどの導入を検討しているとか! 一部報道で、ここに「アナ雪」系の施設が……などという記事もあったそうですよ。

 ショー鑑賞エリアの再整備の例(イメーシ゛)

 また、東京ディズニーシーでは複数の大型アトラクションやレストラン、ショップなどで構成する8つ目の「新テーマポートの開発」を検討中。これは既存の「アラビアンコースト」とほぼ同規模で、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに建設する予定だとか。

 東京テ゛ィス゛ニーシー「新テーマホ゜ートの開発」エリア

 しかも! 上記の大型投資以外でも、アトラクションやエンターテイメントの新規導入やリニューアルなども開発構想中で、たとえば東京ディズニーランドではパレードルート沿いに、食事をしながらゆっくりとパレード鑑賞ができるレストランの導入なども検討中だとか! 現に東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーでは可動式の舞台などを現在導入中で、完成すればショーを鑑賞できるエリアが実質的に拡大して観やすくなるという。2015年3月1日(日)以降、誰も観たことがない景色のショーが始まるってこと!

レストランの更なる充実の例(イメーシ゛)

 ちなみに「ファンタジーランドの再開発」については、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーにおける追加投資額としては過去最大になる予定! それだけの巨費であれば、もう“一城”ほど誕生する可能性もありそうですね。今後10年間、楽しみしかない東京ディズニーリゾートと、進化を遂げる両パークのチャレンジに期待しちゃいますよね!

2ハ゜ーク大規模開発エリア

※本発表内容や掲載画像は現時点の構想段階のものです。今後変更になる場合があります。

※写真はあくまでイメージです。写真とは異なる場合がございますが、ご了承をください。
(C) Disney

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング