知っておきたい!男という生き物の意外な生態4選

恋学 / 2014年11月12日 7時52分

一般論として、ひとは理性をちょっと無くしたときに、その本性が暴かれると言われています。今回は夜ごと、男が理性を外しにお越しになる場所……つまりキャバクラにおける「男の意外な生態」について、何人かのベテランキャバ嬢(?)にお話をお聞きしてきました。

さっそくご紹介しましょう。

11

1:かわいい女子は俺のすべてを受け入れてくれるはず!

「男性って、かわいくてにっこり笑っている女性に対して『俺のすべてを受け入れてくれるはず』と勘違いしている節があります」(25歳・昼間はネイリスト)

かわいい女子は、イケている彼氏がいるからかわいくて現状に満足している……というのが、わかっているようでわかっていないのが男ということです。痴漢とか盗撮という男の犯罪を見ていても、こう思いますよね。「受け入れてくれない」と男が思っていれば、その男はかわいい女子のスカートのなかに手を入れてこないですもんね。

2:お金があったらあるだけ使う

「男性って、わりとお金があったらあるだけ使うひとが多いように思います。こういうお店に来ているお客さんだけではなく、競馬とかパチンコとか……」(25歳・昼間は損保)

政治家のカジノを東京に作ろうという話とセットで、いつも「ギャンブル中毒のひとの対策のありかた」が語られますが、中毒の男性って意外と多いというのは、事実のようです。

3:キャッシングの利用残高は「おれの預金」

「男性って意外と金銭感覚が非現実的です。お客さんで『キャッシングの利用残高は俺の預金』と言っているひとって多いですよ!」(24歳・昼間はエステティシャン)

借金も財産のうち……という言葉がありますが、これはそのひとの信用=借財の大きさ、を語っている言葉です。このへんのことを勘違いしている男子って多いのでしょう。

4:過去の栄光で10年は暮らしていけると思っている!

「自慢話の多い男性って『過去の栄光で10年は暮らしていけると思っている』男性だと言っているようなものです。女子的にはあまり興味がないですよね」(27歳・昼間は電鉄会社OL)

男はこのへんのことを理解していないので、すぐに過去の自慢話をして、女子からモテないカテゴリーに入れられてしまう、と言えば、男にとって可哀想な言い方でしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
堅実な草食系男子が多いと、マスコミは言いますが、実際、現場で男性と接していると、「そうでもない」とのことです。草食系男子こそ、一度女性にハマるととことんハマるとの証言もありました。
男はいくつになっても夢とロマンを追いかけたい「男の子」ってことでしょうか。

Photo by Pinterest

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング