性的肉食女子が「恋愛感情を伴うセックス」を目指すのは至難の業!?

恋学 / 2014年11月15日 15時0分

性に奔放な女性を、世間では「ビッチ」や「ヤリマン」と呼びます。恋愛とセックスを完全に切り離して捉え、本能の赴くまま経験人数を重ねていく、性的に肉食系な女性たちです。彼女たちが、永遠に奔放なままかと言ったら、決してそうではありません。ある日突然、卒業の時がやってきます。

1116

セックス自体に飽きるというよりも……

どんな大好物でも、あまりにもしょっちゅうだと飽きるのは当然です。セックスが大好きで、これまで散々遊び倒してきた女性たちも、遅かれ早かれ飽きます。と言っても、基本的にはセックスが大好きなので、セックス自体に飽きるわけではありません。「恋愛感情を伴わないセックス」に飽きてくるのです。そして、「ぼちぼち、恋愛感情を伴うセックスがしたいなぁ」と思うようになります。一般女性とは真逆のルートを辿るわけですね。

彼女たちが、いざ「恋愛感情を伴うセックス」に移行する際、いくつかの壁にぶち当たります。一般女性と真逆のルートを歩んできたため、一般女性が当たり前のようにできていることが、意外とできなかったりするものです。

下ネタトークは「断固拒否」くらいの姿勢で

まずは、「下ネタトークの加減」。一般女性なら、仮に「女の子は、ひとりエッチってするの?」と訊ねられても、「もー、ヘンなこと聞かないでよー」と上手にかわします。しかし悲しいかな、元ビッチ女性や元ヤリマン女性は、「するよ!」と即答。そのうえ、聞かれてもいないのにオカズの詳細についてまで語ってしまう始末……。これでは、「恋愛感情を伴うセックス」までの道のりはだいぶ遠いです。

一般女性向けの下ネタトーク対処アドバイスでは、「敬遠し過ぎるのはお堅い印象を与えるのでNG」とされていますが、元ビッチ女性や元ヤリマン女性は、お堅いくらいでちょうど良いのです。

初回デートでは絶対にセックスしてはいけない

次にぶつかるのが、「初回デートでの性欲をどのようにセーブするか」。冒頭で述べたとおり、元ビッチ女性や元ヤリマン女性は「基本的にセックスが大好き」! その性欲は、男性に勝らずとも劣らず! 初回デートでセックスまでするのが当然の思考となっています。

一般女性向けの初回デートアドバイスでは、「セックスから始まる恋愛もありますよ」とされていますが、元ビッチ女性や元ヤリマン女性は、「初回でセックスしたら、以降、恋愛感情が発生することはない」と思って臨むべきでしょう。

セックス武勇伝を求められる女子会は欠席すべし

そして、女子会における、「セックス武勇伝を期待されるプレッシャー」をどう跳ね除けるか! これまで、ビッチキャラやヤリマンキャラで通してきたわけですから、女友達は当然のように、「○○ちゃんはものすごいセックスエピソードがあるに違いない!」と決めてかかってきます。女子会に参戦するたびに、「最近どうよ?」「セックスに飽きただなんて、冗談でしょー」などと茶化され、ぐったりすることでしょう。

ノーと言えないタイプの場合、「皆の期待を裏切るわけにはいかん!」と、再びビッチ街道・ヤリマン街道へ戻っていくことも……。しばらくは、女子会参戦をお休みしたほうが無難かもしれませんね。

おわりに

性的に肉食系だった女性が、「性的に肉食系じゃない女性」になるのは、全く違う生き物になるくらい難しいことです。途中で、「やっぱり私にはお盛んなセックスライフのほうが合っているのかも」と挫折しそうになるかもしれませんが、くじけることなく、恋愛感情を伴うセックスまで漕ぎ着けますよう、応援しております。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング