さらばロンリー・クリスマス! クリスマスまでに実践すべき5つのこと

恋学 / 2014年11月27日 7時54分

今年も残すところ1ヶ月と少しとなりました。良い恋、素敵な恋、しましたか?
紅葉が終われば、、、あっという間にクリスマス
まだ素敵な恋のお相手に巡り合っていない方々は、企業の商業戦略の波にあえて乗って、ハッピークリスマスを迎えてみては?
今回もお釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指しましょう。

誰も教えてくれなかったクリスマスまでにやるべき5つのこと

110402

恋の葉が散る前に、釈迦女子はいろいろな世の中の智慧を恋に取り入れていきます。
品質管理の世界有名なPDCA(Plan Do Check & See, then Action)サイクルを恋に取り入れ、クリスマスに臨みましょう。

何やら英語がでてきて難しいと思う方もいらっしゃると思いますので、PDCAについての解説は他に譲り、具体的にクリスマスまでに実践すべき5つのことを今回はお伝えしたいと思います。

失敗は繰り返され、成功は足をひっぱる

ただ毎日を過ごしていると、何となく月日が過ぎていきます。
お釈迦様もそうであったように、人は等しく生老病死に向き合います。一方、個人個人どのタイミングでそれぞれに向き合うのかは千差万別です。それぞれに向き合うまでの期間を仮にスポーツで例えるインターバルだとすると、そのインターバルの間に気が緩んでしまう方がほとんどです。

実はそうやって日々をダラダラ過ごしてと、失敗の痛みは薄れていき、成功は根拠無き自信へ代わっていきます。
気づけば、何度も同じ失敗を繰り返し、過去の1回の成功に足を引っ張られ、新しい自分の可能性を閉ざしてしまうことも・・・。

110401

クリスマスまでにやるべきたった5つのこと

では、さっそくクリスマスまでに気持ちを入れ替え、ロンリー・クリスマスを避けるために実践すべきことをお伝えしますね。ちなみに、この5つのステップをしっかり実践すると「単なるナンパ」的な浮ついた気持ちではなく、恋のシャンパンタワーがこぼれる、そんなハッピー・クリスマスに近づいていきます。

1.これまでのクリスマスで「失敗した」と感じた事項を手帳・ノートに書き出す
⇒失敗を思い出すことも時には必要です。
 ただし、トラウマに近い痛みを負ってしまっている方は、無理は禁物ですよ。

2.今年はこうしたいという「理想のクリスマス像」を具体的に書き出す
⇒「XXとXXに行って、その後、、、そして、・・・を観る」
  といったようにいわゆる「スケジュール・イベント」を書く方が多いです。
  もちろんそれも大切。でも、「その時彼、そして、あなたはどんな雰囲気で、どういう言葉を発するのか」幸せいっぱいのクリスマスをイメージして、そこを深堀しましょう。

3.1週間後に「2で作成した理想」を見つめ直す
⇒恋の煩悩の業火で焼かれてしまわないように、期間を置いて再度チェックしてみましょう。

4. 理想に追加して「相手が喜ぶサプライズ」を1つ考える
⇒「恋のおもてなし」の記事でもお伝えしましたが、恋愛とは優しい気持ちのプレゼント交換と似ています。とびっきりのサプライズを考えてみましょう。

5.クリスマスに実践する
⇒さて、クリスマスにいいよ実践です。
 もしかしたら、あなたはその日忙しくて遅くまで働く必要があるかもしれません。
 そういう時は「2X日に代わりにお祝いしようね」と一言メールをして、笑顔のあなたの写真があるだけでも、相手の心はホクホクになるかもしれません。
 あなたと彼だけのクリスマス、その日にしっかり実践する、そこが大切です。

1104

また次回お会いしましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

恋学コラム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング