寝ているだけじゃダメ!! NG正常位の特徴3選

恋学 / 2014年11月22日 13時0分

正常位はセックスにおいて、もっともポピュラーで女性が一番経験する体位であると思います。

そんな正常位だからこそ、NGな事をして彼にがっかりされたくないもの。

今回は、正常位でやってはいけないNGな事を3つご紹介。

 beautiful girl sleeping

足の体重を男性に預けすぎ

正常位でまずやってはいけない事は、足の体重を男性側に預けすぎると言う行為です。はっきり言って、重い。

腰を振るという動作は、見た目以上に体力を使います。早漏ならまだしも、遅漏の人は、1時間以上腰を振り続ける事もあるのです。確かに、足を上げている体制も、股関節にかなりの疲労がありますが、あまり男性側に預けすぎると、上手に腰を振れなくなってしまうので、お互いにとって悪循環がうまれてしまいます。

胸やお腹を気にするあまり、グダグダに

正常位は、女性が感じている顔も、胸も、お腹も、股も、正面の全てを見る事が出来ます。

「彼にお腹を見られたくない」 「胸が小さいから恥ずかしい」と思っている女性は、気にするあまり、布団で隠したり手で隠したりと色々な事をしますが、女性が思っている程、気にしていない男性は多いのです。

それよりも、「彼女を気持ちよくしてあげたい」 「もっとセックスに集中してほしい」と思っている男性が大多数。

あまり気にすると、リズムが崩れてしまったり、プレイに集中できず、セックスを楽しめなくなってしまいますよ。

変にタイミングを合わせようとして腰を振る

正常位で、女性が腰を振って男性を喜ばせようとする人がいます。上手くリズムを合わせ腰を振ったり、女性側が角度を変えて男性を気持ちよくさせたり。また、自分の気持ちいい箇所に当たるよう、コントロールする事も可能です。その気持ちはとても嬉しいのですが、自分はセックスが上手だと勘違いしている女性が、変なタイミングでリズムを合わせて来ると、むしろ逆効果。スワッピングが崩れ、グダグダになってしまいます。

リズムを合わせる時や、角度を変える時は

「こんな角度は気持ちいい?」 「一緒にリズム合わせよう」

など、一言、前置きしてからやってみると一緒に勉強出来てセックスをより楽しめる事が出来ますよ。

豆知識

まったく関係ありませんが、正常位は人類しかやらない体位だと思っていませんか?

動物の基本は、後背位(バック)ですが、「ボノボ」というチンパンジー属のサルは、なんと正常位で性交するんです。ビックリなサルもいたもんですね。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング