彼氏がセックス中に萎えてしまうなら…試しておくべき男性ホルモン分泌促進法

恋学 / 2014年11月24日 15時0分

セックスは、男女がお互いの愛情を確認しあう行為として定番とも言えるものです。
愛し合っている者同士が行うこのセックスですが、困ったことに男性の場合、大体21歳を頂点として、その後徐々に体の機能が老化の一途を辿るとされています。
体の機能が老化するということは、当然性に関連する機能もまた徐々に老朽化するということ。
場合によっては20代の中盤には、なかなか思うように男性器が機能しなくなるという男性も出現してしまいます。

筆者も男性ですから、似たような話は同性の友人からよく聞きますし、恥ずかしながら筆者自身もこの老化の影響をひしひしと感じたことが、つい最近ございました。
こういう老化は男性なら誰しもが認識する日が来るわけですが、それにしたって肝心なときに使い物にならないということは、やはりショックですし、何よりパートナーに申し訳ない気持ちになってしまうもの。
ましてやこんな老化についての知識など、女性からすれば持ち合わせていなくても当然。
そのため、「あ、私じゃダメなのかな」とがっかりしてしまう女性もいるかも知れません。
まさにお互いにとっていいことなしな状況と言えるのではないでしょうか?

男性は男性で、栄養ドリンクを飲んだり、某錠剤を飲んだりして改善しようとするわけですが、それにしたって効果が発揮されるには個人差もあるようです。
そこで今回は、普段のセックスでよく萎えてしまっている彼氏をお持ちの女性の皆様に、基本中の基本ながら実践することで男性器の機能を回復させる手法を、ご紹介したいと思います。

彼氏がセックス中に萎えてしまうなら  トップ

これでもう萎えない!?体質から改善させる!

男性は主に男性ホルモンを多く分泌し、女性は女性ホルモンを多く分泌しています。
男性器の機能はほぼこの男性ホルモンによる効果であるため、男性ホルモンの分泌が活発な人の場合、割と30代、40代になっても性器の機能がさほど落ちることはないと言います。
ですが大抵の男性は、20代の半ばより徐々にこの男性ホルモンの分泌量が減っていく傾向が見られるようです。
そこで有効なのが、この男性ホルモンの分泌を促す食生活を送ってもらうということ。

彼氏がセックス中に萎えてしまうなら 本文

男性ホルモンの分泌促進効果が確認されている物質は、アルギニン、そして亜鉛です。
アルギニンは鶏肉や海老、ごま、玄米、チーズなどに多く含有され、亜鉛は牡蠣、豆類、各種魚介類、そして肉全般を摂取することで体内に吸収することが出来るとされています。

これらの食品を毎度の献立に含めるのはなかなか大変なこと。
ですので亜鉛、アルギニンの錠剤サプリメントを服用してもらうのがいいかも知れません。
亜鉛にもアルギニンにも、血行促進効果が認められていますので、単純に健康にも良いというメリットもあります。

今回のまとめ

男性器の機能については、現代の社会人が多く抱えている精神的な問題も多く関与しているという指摘もあります。
現代習慣がそもそも健康について言語道断に問題だらけ、というわけですが、こればかりは生活する上で、そうそう簡単に覆せません。
せめて萎えがちなパートナーには、日ごろからサプリメントを服用するようにお願いするのが良いでしょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング