好きな人もいない女性向け クリスマスを一人で寂しく過ごさないための、3つの対策

恋学 / 2014年11月27日 15時0分

もうじきクリスマス……。すでに予定が入っている人もいるかと思いますが、とある調査によると、20~30代男女が一人でクリスマスを過ごす割合は、全体の6割にも及ぶそうです。最近では、聖夜を愛する人と二人で過ごすというのは、必ずしも“絶対条件”ではないのかもしれません。

「恋人なし。気になる男性もなし」という場合に、楽しくクリスマスを迎えるためにはどうすればいいんでしょう? 心がけておきたいことを3つ挙げてみます。

1112

1,フリーの女友達とパーティーを企画する

「おひとり様」同士で集まって、派手に女子会を企画してみましょう。

それも、気心の知れた学生時代からの友人や、何でも言える職場の同僚など、気楽に付き合える仲間が良いですね。子どもの頃に返ったように無邪気にはしゃげるので、「一人である」という寂しさやつまらなさなんて、すぐに吹き飛んでしまいます。

また、カラオケ合戦、コスプレ、どっきりなど、気合いを入れたネタがあると、クリスマス会は一段と盛り上がります。普段は話さないような本音が飛び出したり、友人との絆がいっそう深まったりして、彼氏アリ女子には味わえない貴重な一夜が過ごせるでしょう。

ただし、一つだけ気を付けたいのは、「愚痴は言わないこと」。彼氏がいないという不満を言い出せばきりがないですし、楽しいはずの女子会も盛り下がってしまうので、聖夜に限っては、タブー。男性の話をするなら、芸能人やアイドルに限定すると良いかもしれません。

2,クリスマスライブ・クリスマスイベントなどに参加

好きなアーティストのライブでも良いですし、夜通しDJがにぎやかに音楽を流すクラブイベントでも良いでしょう。また、クリスマスに企画された街コン・カップリングパーティーで素敵な出逢いを期待するのもOK!

世界中がウキウキと盛り上がる日ですから、探せばいろんな催しが企画されているはずです。場合によっては、「おひとり様」での参加も可能なものがありますから、事前にチェックしておくと良いかもしれません。

また、クリスマスイブやクリスマスを「出逢いの日」にすると決めるのも良いですね。一年後には恋人と素敵な聖夜を迎えられるよう、準備すると考えれば、気分も高まってくるでしょう。

3,家族と水入らずの時間を楽しむ

クリスマスは、別に恋人同士だけのものじゃありません。本来は、家族という愛する人たちと共に過ごし、お互いの思いを確かめ合うという素敵な日なのです。

そのため、両親や兄弟姉妹とホールのクリスマスケーキを用意したり、一緒にチキンやクリスマスディナーを準備したりして、ほっこりとした一日を過ごすのは“正統派といえます。「そういえば、子どもの頃にこんなプレゼントをもらったっけ?」とか「冬休みにこんなことがあったね」なんて思い出話も出るかもしれません。

いつもは「ウザいなあ」なんて思うお母さんの一言が、実は深い愛のこもったものだと気づいたりして、きっと素晴らしい発見がいくつもあるはず。

恋人同士でデートするより、何倍も充実した一日が過ごせるでしょう。

さいごに……

季節のイベントとしては、一年で一番盛り上がるクリスマスですから、彼氏がいなくても笑顔でにぎやかに過ごしたいですよね。

そのために、あれこれ準備したり、周りの人たちに声を掛けたりする手間を惜しんでは、もったいないといえます。ちょっと面倒だと思っても、照れくさくても、年に一度の特別な日を積極的に楽しんで、充実したものにしましょう。

すべての人に幸せが訪れますように……。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング